2017年6月14日

キャデーバッグの仕様変化

軽薄短小の世の中です。社会を見渡すと、何かにつけ、この言葉が当てはまり

ます。我々のゴルフ業界も、ご他聞にもれず、この傾向が見て取れます。


クラブがまず、軽く、やわらかく、非常に滑らかになり、人(プレーヤー)

にやさしくなりました。キャデーバッグにもこの傾向が、ハッキリとあらわ

れています。


2KG台の軽量キャデーバッグが、年々多くなってきています。

3KG,4KG台の重いバッグは減少傾向です。


2KG台のキャデーバッグは、昨年対比 15パーセントUP,一昨年対比

ですと30パーセントもUPになります。3KGのバッグよりも多く販売され

ています。  (YPSゴルフデータより)


8,5〜9,0インチの2KG台のキャデーバッグの需要が多くなってきて

います。


軽量、高強度、コンパクト、口径大き目が、今のキャデーバッグのトレンド

です。

クラブも軽くなり、キャデバッグも軽くし、ECOに努め、スコアーも軽く

して、その分楽しみを増やしましょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット