2017年6月15日

うれしい報告が2件

私どものお客様からです。

昨日のラウンドで、1ラウンドでパター数が28パットでした、と。チョット

出来すぎでしたが?


この方には、常日頃から、ファーストパットはカップを越しましょうと、

HITするのではなく、ストロークでボールを運んでくださいと、この2点を

お会いする度に申しあげていました。届かなければ3年待っても入りません。

当たり前のことですが、3パットするのを心配して結構ショートする方が、

日常、多くみられます。


28パットなどとゆうことは、ショットもそこそこだったと想像できます。

同伴競技者にも恵まれたのか、嬉しそうに報告されました。


もう一人の方は、アウトで50叩いたが、インでは、2バーデー、3ボギー

1トリプルボギーで40でしたと、やや興奮気味に報告。久しぶりの40

でしたと、店内で試打しながら回顧されていました。その様子を見ると

納得しました。随分と楽に、ゆったりと振られていました。いずれにしまして

も、力みなく、スムーズなスイングで今までと違い、力がどこに入っている

のかわからないぐらい滑らかなスイングでした。


このスイングが継続できれば、もっともっとハイスコアーが期待できます。

ますます楽しみです。   力まず、焦らず、突っ込まず。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット