2017年7月31日

正面で同調

ゴルフの話ですか? と思われるかもしれませんが、打点が軸線から外れて

いる事に加え、ゴルフとゆうスポーツにとっては、非常に大事なポイント

です。

人はもともと体の正面の幅(左肩〜右肩)でしか物事をコントロールする事

は出来ません。


イメージで考えると理解できると思いますが、これを実行している方は、同時

に、今のクラブを同調させて使っている方です


ゴルフは、ボールに対し正対してスタンスに入ります。この姿勢でインパクト

を迎えれば何ら問題はありません。正面で クラブと同調してスイング出来

ます。


この様な体勢でスイングしているつもりでも、ほとんどの方が、体が先に

開いてしまったり、ボールより先に体が突っ込んだり、その為に、遅れを

取り戻そうと利き手で、ボールをつかみに行ったりしているのが現実です。


今流行の将棋ではありませんが、岡目八目で、第3者の方のほうが、場面や

状況を、冷静に見ることができます。

  (このためにプロはティーチングプロや、コーチをつけています)


正面でボールをとらえ、クラブを同調させて振ることは、容易なことでは

決してありません。このことが1番ホールから最終ホールまで、冷静に

対応できれば、ゴルフはもっともっと易しくなります。


風とか気温、打ち上げ、打ち降ろし、池、山、谷などのハザードが色々と

用意されているのがゴルフコースです。


そんな中で、ズ〜と正面でボールをとらえ、クラブを同調させ、冷静沈着

な判断と 実行ができていると いいスコアーにつながるはずです。


もう一つ体感して言えることですが、同伴競技者に恵まれることです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット