2018年2月5日

今時 ゴルフ事情

朝 寒さと氷との闘い、昼からは風との闘い、3:00過ぎるとまた寒さ

 との闘いが展開されます。


 冬はつとめて(枕草子)と趣があるかもしれませんが、ゴルフにとっては


 朝 寒くて体が回らず、小手先ショットで方向性が定まらず、思うよう

 な飛びも出ず、予測して大きな番手を持てば、今度は凍ったグリーンの洗礼

 が待ち構えています。メンテの行き届かないコースですと、グリーン上の

 ラインが見えていいこともありますが、凍ったグリーンでは、転がりは

 はかり知れません。


 昼 寒さは和らぐものの、今度は強風との闘いが始まります。

 コースによっては、又ホールによっては穏やかな場所もありますが、吹き

 さらしの場所が多く、風を読み、グリーンを読むのに注意がいります。


 午後3:00過ぎ 体感が非常に寒く感じられるようになり、体調管理

 (温度管理)やスコアー管理が必要となってきます。

 
 ゴルフだけは、下駄を履くまでわからないとよく言われます。


 又残り3ホールが勝負どころと言われますように、16,17,18番

 が非常に大事になってきます。


 このように何が起こるかわからない状況が 後半の勝負どころで発生します


 この大事な場面で、寒くて体が自然体でなくなると、正当な判断ができな

 くなり、当然のこと 勝負にも大きく影響します。


 このことでも分かる様に、体調管理の必要性が求められます。


 やはり勝負どころを知って見える方は、こまめに温度管理をされています。


 必要に迫られゴルフをされる方は特に、体調管理 温度管理を怠らずに

 しましょう。

   

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット