2018年9月10日

久々のチャンピオンティーでのゴルフ

7000YDのゴルフ。慣れているコースといえども、この距離は私に

 とっては非常に困難な数字です。前回もしたためましたが、距離のアドバン

 テージがあれば、何とも思わなかったですが、今となっては苦痛すら感じま

 す。しかし人間には不思議とゆうか、環境に適応する能力があります。

 フロントではフロントのゴルフ、バックではバックなり、チャンピオンでは

 チャンピオンなりのゴルフをします。


 物事1歩踏み出せれば、事の半分ができたと同じです。といわれるように、

 NO−1ホールの1打目を打った時点で、半ば終わったようなものです。

 季節も良くなり、長さ によるミスも多くありましたが、逆に達成感も

 味わうこともできました。


 構えて対応すれば、どうしても、力みや余分な力が入ります。

 もっと気楽に対応することで、これもクリアーできる要素があると思い

 ました。


    ゴルフの性格、クラブの性格を鑑みれば、力みは敵です。


 今のクラブは、軽く、軟らかく、大きなしなりを持つことになりました。

 このような環境の中で、力任せにスイングすることは、真逆の行為です。

 しかし人間の性とでも言いますか、どうしても早打ちになったり、力まかせ

 になりやすいものです。

 普段通りにすればいいものの、どうしても自分の技量以上のものを望みたく

 なります。(自分の技量以上のものは、基本望めません)

 このことを胸に刻み、いつも通り、否 いつもよりもゆっくり、ゆったり

 基本に立ち返り、プレーすることが大事です。

 練習でもできないことが、本番でできるとは到底思えません。

 現実を鑑み、己の技量を知り対処することにより、本来の自分のゴルフが

 できます。

        環境に適応できる人が、勝ち残ります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット