2018年9月25日

クラブシャフトの重量変化

いよいよゴルフシーズンがまいりました。この時期同時に、各メーカーも

 新商品を投入してきます。この商品にも以下のような現象が見られます。

 一例を申し上げますと、(藤倉ニュースから) フジクラのEV−05

 シャフトの出荷状況を見ますと、今までよりも、軽量帯の出荷率が高く

 なってきています。

  474EV−5   40グラム台  全体の23パーセント

  569EV−5   50グラム台  全体の44パーセント

  661EV−5   60グラム台  全体の29パーセント

  757EV−5   70グラム台  全体の 4パーセント

 FW用のシャフトについても、同様の傾向がみられます。W#1の場合

 ほどは顕著でなく推移しています。


 いずれにしましても、5年ほど前に比べ、この傾向は今後ますます顕著に

 なっていくと思われます。


 クラブの買い替えの折には、よく販売員と相談して頂き、自分に相応しい

 クラブスペックを確かめてから、購入するようにしてください。


 又、長尺化、軽量化、大型ヘッドになったことによる、クラブの性格の

 変化もよーく吟味して、クラブ選択を行ってください。

 名前や、ブランドや流行で選ぶのでなく、今後のことを加味してお選び

 下さい。
 

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット