2018年10月11日

ゴルフ ナビが注目

来年1月1日より、前倒しのゴルフのルール改正により、ここにきて

 ゴルフナビ が注目されてきています。

     解禁 とでも言いましょうか、使用が可能になります。

 (一部高低差が表現される商品は、競技によっては禁止されますので、

  其々の競技、大会の規定に必ず従ってください)

 このナビが発売当初は、キャデイさんがいないコースにおける、距離計測器

 としての機能ぐらいしかありませんでした。使い方も色々と難しい操作が

 必要で、画面も小さく、見ずらい商品も見られました。

 声によるガイダンス機能を持った機種もありましたが、グリーン周りでは

 うるさいとのことで、一時下火になりました。


 しかし、日進月歩で、プレーヤーのニーズに応えるべき改良が施されました

 画面の大きさも、技術、製造方法の改善により、初期の物とは格段の向上

 を見せてきました。操作もコースに行って、ただ電源を入れるだけで、後は

 機械が勝手に、ホールホールでナビゲーションしてくれます。


 操作が簡単で、見やすく、正確性がアップし、多機能な装備も加わった、

 プレーヤーのニーズに合わせたモデルが、続々と発売されています。

 
 朝日ゴルフのEAGLE VISION,ユピテルのYGNシリーズ、

 (株)MASAのGOLF WATCH、SHOT NAVIの V1


 などなど、高低差も表現できる機種も多く発売されテいます。

 現在、プレーヤーの約4割の方々がナビをお持ちとのデータがあります。

 この先キャデイさんがいない、セルフプレーのコースがますます多くなる

 ことが予想されます。このような事情から、自分自身のニーズに近い1台

 を持つ時期が来ているように思われます。


 買い替え需要も含め、1プレーヤー 1NAVI の時代が必ずや来ると

 思われます。


   お値段も、10000円前後から、70000円ほど様々です。

   自分スタイル合わせた1台を持たれてもいい時期だと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット