2018年12月7日

三者三様

ゴルファーのタイプは、十人十色。しかしクラブは誰が使おうが、その

 使い方に応じ、正直に反応します。

 気持ちに左右されることが多いゴルフ、しかしクラブは無機質で、気分には

 左右されずに、その通りに結果を出します。そんなゴルファーのために、

 其々により相応しいと思われるクラブフィッティングが盛んにおこなわれる

 ようになってきました。


 しかし、今のクラブフィッティングは、売らんがための手段として、行われ

 ているのがほとんどでないでしょうか。


 3球で、コンピューターが診断して、一番相応しいクラブを判定しますとか

 3台のカメラで、クラブの動き方、入り方を見て球の飛び出す方向を確認し

 又ボールの回転数を計測することにより より相応しいモデルを選定します

 とか、即興劇で、効率よくこなしていくケースが、多く見られます。


 その判断が間違っていたとしても、下取り対応策により、ケアーされていて

 顧客にとっては安心なのでしょうか。

 (飛ばなかったら、交換します。合わなかったら交換します。)と大きな

 看板で、不安を解消しているかのような傾向があります。


 本当に顧客の為の見立てをしようと思えば、同伴してゴルフを行い、どんな

 ゴルフをされるのか、確認しなければなりません。机上でのフィッティング

 以外にも、年齢変化、体調変化、環境変化等々、変化する要因が多く、

 なかなかベストマッチした商品を決めつけることはできません。


 一例を申し上げますと、1ラウンドで、目一杯でスイングすることができる

 のは、数回でしょう。この為ハードな商品をお勧めすることは、まず

 ありません。

 力一杯でのフィッテイングでは、現場においては無理なことが多く発生し

 てしまいます。


 初期設定を調整して、大きな数字が出るようにし、DATAを出したり、

 しているようなお店も散見されるそうです。H/Sが早いからうまいわけで

 はありません。より硬いクラブを使う方が上手ではありません。あくまでも

 その道具(クラブ)の使い方が理にかなっていて、、充分に機能を発揮

 させているかで、判断すべきだと思います。


 要するに、自分の持っているパワーをいかにロスなくボールに伝えられる

 かではないでしょうか。アマチュアの方々は、プロに比べまだまだロスが

 多くあります。それだけに まだ伸びしろがたくさんあるとゆうことに

 なります。


 あの人に合うクラブが、総ての人に合うとは限りません。自分自分の使う

 道具です。人に左右されずに、其々に相応しい、ストレスの感じない

 アイテムを是非お選び下さい。 微力ながらお手伝いいたします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット