2018年1月10日

ゴルフとバイオリズム

アマチュアにとって、スランプはありませんよとよく聞きます。

 私も同感ですが、何か格好をつけてかよーく、今日は調子が悪いとか、

 良いとかと言われる方があります。同伴競技者としては、あまり聞きたく

 ないことですよねー。


 又ゴルフは S、M の性格がある様にも、思われます。


 調子のよい時はなにをやっても好結果が、悪くなると逆に、悪循環に陥り

 ます。 (この現象がスランプなのかなと思う今日このごろです)


 勝手なもので、いいスコアー(自分にとって)の時は、すぐに次のプレー

 をしたくなりますが、調子を壊しているときは、クラブに触れる事さへ

 億劫になります。自分自身を常に、セルフコントロールできる方はそうは

 いません。間違うのが人間です。目先だけに拘らずに、一息ついて考え

 直すことが非常に大事だと思います。


 ネズミの生き方 をしていると得るものはほとんどなく、その日暮らし

 の余裕のないリズムに陥ります。ちょっと立ち止まり、考え方を整理でき

 れば、悪循環は殆ど断ち切れると思います。

 自分のリズムで対応できれば、無理のないゴルフライフを続けることが

 できます。


 難しいことではありますが、一度立ち止まって考えを整理する時間を必ず

 とってプレーしましょう。後続組に迷惑のかからない程度に。


 今年のルール改定で、ボール探しの時間が5分から3分になりますので。

 
ホームページ制作はオールインターネット