2018年1月12日

この時期に思うこと

常日頃、硬さは敵だ とお伝えしてきました。この時期になると余計に

 この言葉が真実味を帯びてきます。

 この時期、余計に余分な力が入り、当然のことながら体の滑らかさも下がり

 、気温も低いことでボールも飛ばなくなり、飛距離も期待できません。

 しかし人間、過去の栄光に思いをはせ、勘違いで力で飛ばしてやろうと

 します。三重苦の状況で飛ぶ訳がありません。


 通年来店される方も、話題の飛びクラブ の試打をされる折にも如実に

 スイングに現れます。

 硬さが硬い試打クラブであれば、打った感はありますが、DATA的には

 決して良くありません。

 柔らか目の試打クラブでスイングすると、それだけでも 力 みが無く、

 スムーズなスイングをされます。

 このように、硬さは 力み につながり、スムーズなスイングも乱すこと

 となります。


 試打の時ですらこの状況です。現場でのプレーは、スイングがもっと早く

 なり、肩の廻りも浅くなります。尚のことここに 力み が加われば

 どうゆうことになるかは、火を見るより明らかです。


 冷静さも無くし、楽しみのゴルフが一転苦しみの日々になってしまいます。

 柔らかい感覚で振ることができる仕様であれば、ゆったりにもなり、一息

 ついて冷静な判断もできます。


     改めてこの時期に相応しい言葉でないでしょうか?


 但し、体幹でスイングして頂くために、重い とゆうキーワードは忘れず

 に、添えておきたいと思います。

 
ホームページ制作はオールインターネット