2017年3月16日

最近のゴルファー志向

ルールは守るが常識は破る、飛びの限界を〇〇〇、飛びすぎて困ったのは

初めてだった、等々過激なキャッチコピーの乱立時代です。


我々の業界では当たり前ですが、このキャッチコピーが販売の是非を左右

することもよーくあります。顧客の方々にとっては異なった印象に聞こえる

事も多々あります。よーくお客様から、毎月のように新商品が発売されますが

本当に飛びますかと? 返事に困ることがよくあります。メーカーの数が多い

為このような印象を持たれますが、メーカーとしては2年に一回の頻度での

リニューアルがほとんどです。この2〜3月のシーズンインの時期に集中する

為その思いが強いように思われます。


長年ゴルフをされている方ですと、加齢による体力の衰えをクラブでカバー

しようとされます。又 人によっては競技にはもう出ないので、高反発に

される方がちらほら見受けられます。やはり飛んだ方が楽しいし、嬉しいです

ものね。ゴルフ場の理事の方々も親睦コンペなどでは、高反発クラブの花盛り

です。

この様に、楽しむゴルファーが増えてきている中、アマチュアゴル

ファーまで、ルールで縛る事はないのではないかと思う今日この頃です。


最近では、堂々と高反発を打ち出すメーカーも現れ、業界も新時代に入った

感じです。

値段でクラブを決めるのでなく、自分のゴルフライフに相応しいアイテムを

選んでいただける時代が来たように思われます。


皆様はどう思われますか?

 
ホームページ制作はオールインターネット