ゴルフクリニック


ゴルフ相談室

身についた 癖は なかなか治らない 身についた 癖は なかなか治らない

長年プレーされている方程、力任せの体力打ちの方が多い。

その為、クラブヘッドが 自分の手の動きに敏感に対応

して欲しいので、硬めのシャフトを好まれます。これが

ボールの散らばる最大の原因です。

アイアンなど、昔は 重くて硬いシャフしかなく、こんな

クラブで練習しておられれば、やむ負えません。

その打ち方が身についていて、なかなか抜け出すことは

困難です。まして年齢を重ね、飛びも悪くなり、余計に

力を入れたくなるのも分かります。

しかし今の柔らかで、長く、しなやかなクラブを、このよう

に扱ったらどうなるかは、理解できますよねー。

手首をあまり使うことなく、体幹でゆっくりとスイングして

下さいと言っても、体がなかなかゆうことを聞きません。


ティーアップのボールとそうでないボールでは、状況が

全く違います。球形のボールがわざわざ高い位置に止まる

事は、万が一にもありません。下からすくい上げて打てる
 
のは、W#1のみです。下にあるボールを上げることは

基本できません。

クラブの構造から、重心位置の深さにより、めくれあがり

があり、ボールが上に上がります。


下にあるボイールを上げようとすれば、この原理を利用

するしかありません。つまりダウンブローで、直にクラブ

フェースで捉えてやれば、クラブ構造でフエースがめくれ

上がり、ボールを高く舞い上がらせます。

ローハンデーの方でも、このあたりのことすら 理解されて

いません。昔からの練習によりボールをとらえ、プレー

されている方が大半です。

クラブの構造的な意味が理解されれば、無理にボールを上げ

ようとせず、直接ボールを正面でインパクトできれば、何ら

問題はありません。

(バンカー内で打つイメージでいいと、思います)

クラブがこのように大きな変化(飛ばすために)をしてい

ます。自分も変わらなければ うまく扱う事は出来ません。

勇気をもって、変わって下さい。飛ばしとスコアーの為に。

ページトップへ
若い方にありがちな腕力でのゴルフ

7〜8年らいお付き合いいただいている、お客様です。
ドライバーが210〜220YDしか飛ばなくて、友人との競い合いをしても、余裕がなく楽しくないとゆう理由で、相談にお見えになりました。

スイングパターンやH/S、体の使い方を話しながら、机上での結論がぼんやりと見えかけた折、実際に打って頂きました。

H/Sは41M/Sぐらいで、飛距離が230ぐらいでした。
かなりシビヤーな計測器で現場では、もう少し飛んでいる感じです。

しかしフェースは右上を向いて、スタンスの位置はボールから遠く、スイング軌道はボールを捕まえに行くので、アウトサイドアッパーでヒール打ち。

若さが(パワー)、これらの悪さ加減をカバーしていたのだろうと想像するのは、難しくはなかったです。

とあるスクールに毎週通っているとのことですが、体力が落ち始めて最近では、飛びが悪くなったと感じていられます。

これは、体力の問題でなく、クラブの性格と、打ち方の根本的な指導が必要だとわかりました。

20〜30分の指導で、いままでの練習方法の間違いを理解(頭だけ)して頂きました。

I#7で130YDとゆうことですが、この理屈が理解されれば150YD越も決して、夢ではありません。

W#1もH/Sは43〜44までは、充分に伸びしろがあり、250YD越えも決して夢ものがたりではありません。

道具選びの前に、スイングチェックをお願いしたいです。
上体だけの力任せでなく、捻転を中心のスイングに変えて下さい。

夢が現実になりますよ。 若いですもの。

ページトップへ
2日続けての右手パワーヒッターの登場

住まい近くの銀行(主張所)の支店長が、来店されました。
初来店の為、どこかでお見かけした方だなと思いながらお会いしました。地元の町内会でお世話になっていましたので、思い出しました。

さてこの方、とある練習場で、メーカーの試打会があり、その場で、ある仕様のクラブを勧められました。しかしと思うところがあり、弊社に来店されました。いろいろとお話しを聞くと、W#1で170YDしか飛ばないとのことでした。

さてさてと思い実打していただきました。思ったとうりの右手打ちの方でした。
スタンスは広く、後傾気味、フェースは開いてインサイドアウト、ボールをかちあげに行くスイングタイプ、これではクラブのい機能が生かされていません。
上記問題点を、一つずつ解決しながらスクーリング。

打つ度に、指摘と修正の繰り返し。一朝一夕ではクリヤーはなかなか困難です。ほんの少し理解されたのかなーと、思うぐらいです。

焦らず、クラブの機能を引出し、楽しいクラブライフを送って頂きたいと、思います。
次回おみえになる時は、自分のクラブをお持ちくださるようお願いいたしました。
楽しみしております

ページトップへ
パター選びのコツ

パターは方向性と距離感の大事なクラブです。
さまざまなモデルのパターがありますが、項目ごとに整理すると判りやすいと思われます。

           方向性 

1、 アライメント  適正なアドレスをガイドするヘッドデザイン

2、 オフセット   アドレスでボールをどこに置くか、
           どんなミスを防ぎたいか。出玉の
           方向がかわります。ヘッドの遅れ
           具合による違い。

3、 フェイスバランス 真っすぐ送り出すストローク派か
            フェースを開閉するヒット派か、
            フェースバランスの度合いで選ぼ
            う。

          距離感

1、 フェイスの硬さ  ボールとフェイスのベストマッチ
            で自分のタッチを作る。フェイスインサートの硬さで選ぶ。

2、 重心位置     打点と重心点をアジャストさせ、
            安定した転がりを。重心の高さ
            で選ぶ。

項目別に一つ、一つチェックしてみてください。最後にボールとの関係ですが、なるべくなら、一定のボールでためしてください。特に距離感に大きく影響しますので。

ページトップへ
4スタンス理論

廣戸聡一氏が提唱している理論です。

自分が自分の力を最大限に発揮するために、体幹主導の体の使い方を身につけましょう。とゆう理論です。
ややもすると末端だけでバランスをとろうとすると、体が自分の意思とは違う動きをはじめます。すると体は安定性を失い、再現性が著しくおちます。またそれをカバーする為必要以上の力を使います。
そこで4スタンス理論の考え方から説明すると、人の身体動作の特性は、4つノタイプに分類され、総ての個人がいずれかのタイプにぞくします。そのタイプの特性を生かすことが最も自然であり、過剰な負荷もかけず、ケガの危険も遠ざけることができます。すると能力が最大限に発揮できるようになります。
ケガに悩んだり、思うようなパフォーマンスが出来ていないと悩んでいる人の動きは、そもそも自分のタイプに適っていない可能性が高いです。
そこで、自分のタイプを知り、そのタイプに適したトレーニング、練習を実施しましょう。

ページトップへ