2017年8月2日

ご夫婦で楽しみゴルフ

間もなく古希を迎えられる夫婦が来店。クラブの選定にお見えになりました。

まず奥様から。FWが苦手だとゆうことで、実打して頂きました。

スタンスが広く、右手首が立って、右手での勝上げ打ちで、ややトップ気味の

ボールが多く見られました。


  肩書が人を作る 様に、扱うクラブがその方のスイングを作ります。


硬く、重いクラブを使い続けると、右手が使いやすいように、スタンスが

だんだんと広くなり、右手でボールを打ちに行くようになります。

        この方も、同様な経路をたどっています。


そこで、クラブの特性、振る方向、スタンスの広さ、テークバックのひき方

球の捉え方等々、指導しましたところ、力まず、打ちに行かず、芯を食らう

ショットができるようになり、ヘッドスピードも上がってきました。


トップでの手の納まりと、右手の使い方、テークバックの始動時の注意点、

ゆっくり、ゆったりとクラブを振る事に注意していただくように、して

頂きました。


一方、御主人さまには、マイクラブをお持ちになりましたので、打ち比べを

して頂きました。


結果的に言いますと、一押しクラブが、体にも易しく、H/Sも上がり、

240YDのデータも散見されるようになり、満足気味でした。FWも

自分のクラブと打ち比べていただき、W#1と同じモデルのRに決定しました


今後体力が増すわけでもないので、SRをやめRに決定しました。

    (SRよりも Rのクラブの方が、H/Sが出ました。)

ほかのブランドも気になって見えましたが、打ち比べしましたが、安定感が

全然違いました。

         本人も納得のご様子でした。


私は力まないとゆう点からも、一貫して軟らかい方をお勧めしています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット