2017年8月22日

天声球語

まだまだ、残暑厳しい折、ゴルフライフを楽しんで(苦しんで)見えますか?

    各プレーヤーが夫々の立場、環境の中で続けて見えます。


 ボールが飛ばなくなった、クラブが重くなった、ボールが散る、パターが

 引っかかるetc限りないくらいの悩み(楽しみ)があります。

    一人一人個性があり、みな違った道具が当たり前です。

   EACH DESIGN FOR EACH GOLFER


しかし現実には、製造、企画側(メーカー)からすれば、種類を無限につくれ

るわけではありません。そこで以下のような展開が行われます。

      アベレージ、アスリート、シニア&レディース


20年前は、難しいクラブを使いこなすことが、上手なプレーヤーでした。


しかし、今はボールも向上、クラブも飛び仕様、軽く、易しく、至れり

尽くせりの感があるにも関わらず、プレーヤーが、見栄でか安いクラブは

使わない、風評による位置ずけのクラブしか使わないとか、古いクラブは

使わないとか、最新のシャフト付が一番だと決めつけているプレーヤを

をよーく見かけます。


以前に比べれば、確かにバージョンが非常に多くなり、自分に相応しいクラブ

を見つけやすくなってきています。

新しいから、最新版だからと言って、それが自分に一番あっているとは、決し

て思えません。

1例を上げれば、シャフトメーカーは今までに展開をしていない分野、ニーズ

の掘り起こしが期待出来そうな分野、又クラブメーカーのヘッドの変遷を

考慮したシャフト展開などを鑑み展開しています。無論技術開発、新素材

などで良くなることは理解できますが、総ての方に合うとわ思われません。


諸行無常です。プレーヤーが、ボールが、クラブが、毎年総てが変化していま

すので 購入時期において判断するしかありませんが、近未来の自分がど

うなっているかは概ね判るはずです。道具も概ね想像できます。


憧れだとか、プロが使用して優勝したからと言って、同じスイングができる

分けではありません。それぞれが切磋琢磨して使用しています。


アマチュアは、やはり易しめのクラブで、気持ちよく体感で扱うことができる

スペックのクラブにしましょう。


   スコアーUP、気分UP、ハンデイーUP、人間力UPの為にも。

2017年8月18日

もはや夏ではない。もはや飛ばしは力ではない。

お盆の真ん中の13日、渋滞を避け、家を5:30に出発。コースに6:30

に到着。コースに出た途端に思いました。 もはや夏ではない と。


久々の月例競技で、バックティーからのプレー。朝の練習のし過ぎか、前半

は、お疲れ気味で過ごしました。この時期 流石に昼になると、夏の日差し

が戻ってきたせいもありで、後半、いきなりダボ発進でした。


キャデイーさんが珍しく、研修生の方で、いろいろと参考になるアドバイス

を頂くことができ、結果 ハンデーにも恵まれたせいもあり NETが

パープレーでした。


冒頭での言葉とは裏腹に、やはりまだまだ日中は、真夏の暑さでした。

朝夕は少し過ごしやすくなりましたが、まだ日中は厳しい暑さです。

体調を整えプレーして下さい。


競技会の結果は、Aクラスの2位でした。W#1の飛距離に助けられた1日

でした。

力む事なくゆっくり、ゆったりと振れば、今のクラブ(ギリギリ)は飛んで

くれます。(宣伝でもあります)



   突っ込まず、力むまず、機能を発揮させて、飛ばしましょう?


自分の道具です。流行や、プロが使ってるからとか、に惑わされることなく

自分自身が気持ちよく扱えるクラブを使って、楽しんでください。


  これからの、ハイシーズンに向けて 思いを新たにした1日でした。

2017年8月8日

新製品バロメーター

先月ご紹介しました PING G400のカスタム注文や、予約がすでに

入ってきています。(9月7日 発売予定商品です)


私どもが得ている情報以上のものを、すでにもって見える方が見える事に

あらためて、驚きです。

それだけ この道具に対する期待の表れでもあると思われます。又早く使って

みたいとゆう希望の表れでもあります。(販売のバロメーター)


    キャッチコピーの重要性もあらためて思い知らされました。

    プレー人口が減っている中、嬉しいニュースではありますが。


そこでアドバイスですが、机上での設計値でクラブを選定するのでなく、実際

に実打する事、又自分自身も変化していることを認識して選出してください。

    不変な部分と、変化する部分をしっかりと把握して!!


クラブも年々変化成長します。自分自身も変化します。しっかりと自覚して

選定してください。


この時点でベストなのか、近未来にベストのかをよーく考慮してお選びくださ

い。


    言いにくいことも、ズバリと申し上げます。ご相談ください。

          耳ざわりなことも言いますが。

2017年8月2日

ご夫婦で楽しみゴルフ

間もなく古希を迎えられる夫婦が来店。クラブの選定にお見えになりました。

まず奥様から。FWが苦手だとゆうことで、実打して頂きました。

スタンスが広く、右手首が立って、右手での勝上げ打ちで、ややトップ気味の

ボールが多く見られました。


  肩書が人を作る 様に、扱うクラブがその方のスイングを作ります。


硬く、重いクラブを使い続けると、右手が使いやすいように、スタンスが

だんだんと広くなり、右手でボールを打ちに行くようになります。

        この方も、同様な経路をたどっています。


そこで、クラブの特性、振る方向、スタンスの広さ、テークバックのひき方

球の捉え方等々、指導しましたところ、力まず、打ちに行かず、芯を食らう

ショットができるようになり、ヘッドスピードも上がってきました。


トップでの手の納まりと、右手の使い方、テークバックの始動時の注意点、

ゆっくり、ゆったりとクラブを振る事に注意していただくように、して

頂きました。


一方、御主人さまには、マイクラブをお持ちになりましたので、打ち比べを

して頂きました。


結果的に言いますと、一押しクラブが、体にも易しく、H/Sも上がり、

240YDのデータも散見されるようになり、満足気味でした。FWも

自分のクラブと打ち比べていただき、W#1と同じモデルのRに決定しました


今後体力が増すわけでもないので、SRをやめRに決定しました。

    (SRよりも Rのクラブの方が、H/Sが出ました。)

ほかのブランドも気になって見えましたが、打ち比べしましたが、安定感が

全然違いました。

         本人も納得のご様子でした。


私は力まないとゆう点からも、一貫して軟らかい方をお勧めしています。

2017年7月24日

w#1 ドライバーの大事さを痛感

猛暑の中、プライベートで、フルバックからのゴルフをしました。

何年ぶりだろうか、60代半ばになって、久しぶりにチャンピオンティーから

プレーしました。

昨年はバックテイーからのプレーが、最長でしたが、この度W#1を変え、

どうなるのだろうと 一度やってみたかったチャンピオンからのプレー。


H/Sが38メートルで どれだけ通用するのか興味深々でした。


一番ホール。FWの方もありましたが、私は新しいW#1で第一打。快心では

ありませんでしたが まあまあの当たり。方向も良くフェアーウェーセンター

4人の内一番飛んでいました。幸先よくパー発進。


NO3ホール。ハンデーキャップ1です。今までは左のバンカーまでも届かず

入りもしなかったのですが、今回は、ベストポジションのバンカー先端横まで

飛んでいました。


そんなこんなで、チャンピオンテイーからのプレーでも、苦にならずプレー

ができました。

やはり、W#1は飛ばなきゃーと痛感しました。若い方々と同伴すると、

よけいにそう思われました。

でも今回 新しいドライバーに変えて、距離、方向性共々満足しています。

特別なスイング変更もせず(今からでは変わらないですが?)すんなりと、

移行することができました。

  甦り、先祖返りしたかのようで、今はプレーが楽しみになりました。


ところが、フェアーウエーWOODが重すぎるのか、ミスを連発。アイアン

を含め総合的な変更が、必要になってきたことを実感したことも事実でした。


深夜放送で放映されていた、全英オープンでも、スコアーは、W#1とパター

だとつくずく思い知らされました。


    早速、次期FW、IRONの検討に入ります。

ホームページ制作はオールインターネット