2017年7月28日

キャッチコピーの裏側   眼光紙背に徹す

異次元の飛びを生みだす。全てのプレーヤーに禁断の飛距離を。

   限界飛距離へ。反撃だ。直進性のある強弾道で飛ばす。

  抵抗するな。反撃せよ。ぶれない、抵抗しない、反発する。

様々なキャチコピーが、氾濫しています。しかしこの言葉の裏には、総て理由

が、隠れています。(眼光紙背に徹す)

強弾道で飛ばす とゆう表現の裏には、重心が浅いヘッドで、つかまりつらく

                  ボールが上がりにくいですよ。
                  
                  攻略するにはH/Sは45以上必要

ぶれない とゆう表現の裏には、ヘッドの感性モーメントが大きく、ヘッド

               が返りずらいので、フェース面の管理が

               必要になりますよ。

抵抗しない とゆう表現の裏には ヘッドの空気抵抗が小さくなるように工夫

                されたヘッドですよ。

反発する とゆう表現の裏には ルール内でフェース面をたわませ飛ばすと

               ゆう裏に、この振動数と同じくらいの固有

               振動数を持ったボールが、エネルギーロス

               少なく飛びますよ。とゆう言葉が隠されて

               います。

このように、キャッチコピーや表現の裏には 様々な意味が、隠されています

キャチコピーや表現を、鵜呑みにすることなく、賢い買い方をしてください。


値段で安かったから・・・ ポイントが多かったので・・・、ブランドだから 
・・・、流行だから・・・ 十分注意してください。

              
勧められても、何が私に合っていますか? なぜこれを勧めるのですか?

と勇気をもって、尋ねてみて下さい。


         〇〇買いの、銭失い にならぬよう

2017年6月16日

うれしいニュース

飛んで止まるボール、ブリヂストン 15PHYZ ゴルフボールが、マーク

ダウンになり、お求めやすくなりました。


¥8400円+税/ダースが、4000円+税にてお求めいただけます。

  種類は1種類、3色展開 

  ホワイト、パールホワイト、パールグリーンの3色展開


基本ボールの色はすべて白で、キラキラの白と ややグリーンがかった白。

飛距離、方向性追求の4ピースボールです。H/Sは44m/S以下の方

にお勧めです。


タッチは非常にソフトで、つかまりやすく、伸びるタイプです。


変形が大きく、接触時間が長くコントロール性に優れ、打感も柔らかく、手

にも優しいモデルです。


この機会に如何ですか。硬めのインサートのパターによく合いますよ。

    数には限りがあります。お早めにお買い求めください。

2016年10月22日

ヤマハ インプレス+2 の人気の秘密

UD+2ドライバーの飛びけ研究

何回打っても激飛びドロー、不思議なことにスライスしない。

1、重心角が非常に大きく(34°)、超つかまり設計。

2、刃が出ていなくて、包み込むようなフェース設計

3、重心が深く、インパクトでヘッド後方が下がり、ボール打ち出しが上がり

  ロフトが立っていてもキャリーが出る。

4、ストロングロフト設計で、ボール初速が最大化


UD+2アイアンの飛び研究

飛びのみでなく、飛んで狙えるアイアン

1、フェースのスリットで、飛距離ロスを抑える。

2、最適重心配分の為、トップブレードが軽く

3、L型フェースで反発エリアを最大限に

前作に比べ顔がシャープになりました。又ストロングロフトでも、深重心

により球が上がります。

今年のヤマハのヒット商品です。飛距離に飢えてる方ぜひどうぞ。

2016年10月15日

スネルゴルフ MY−TOUR−BALL 絶好調

長年ゴルフされている婦人が、飛び込んで見えました。

何事かと伺うと、ボールでした。つい先日お買い上げいただいた方と同伴で

ゴルフをされた時、このボールに変えた途端、見違えるような飛距離が出て、

皆がどうした、どうしたと飛距離の違いに圧倒され、すぐに求めに見えまし

た。

県内(愛知)では弊社のみの扱いと聞かれ お求めに来られました。

帰りがけ、他の皆々様にもお勧めくださいと、お願いいたしますと、

とんでもない 内緒にしておいてね・・・。と逆に懇願されました。

やはり(おいしいものは小人数で食べろ)的な考えがこのスポーツにも

当てはまります。   私どもは困ります。より多くの方々にこの感激

を味わっていただきたく思います。

是非一度この衝撃の事実を、味わってみて下さい。

2016年8月6日

パターグリップの重要性をあらためて認識

昨今のパターでは、スーパーストロークに代表されるように、太目のグリップが多く見られます。

手首を使いにくくするとか、ひっかけ防止とか、いろいろと思惑があるようです。

タイプによっては、積極的に、リストを使うモデルももあり、一概に総てのパターに合うとは思えません。

ローテーションタイプのパターには、逆に使いずらくなりますので、おすすめできません。(ピンタイプ、L字タイプ)

打ち方は、HITする方、ストロークする方に大別されますが、どちらかといえば、ストロークする方に合いやすいと、思われます。

流行だけで使用せずに、よく使用目的を確認してから、取り換えるようにしましょう。

また、太目のグリップには重さの問題もあります。ストロークタイプの方にとって、手元側(グリップ側)が重くなれば、ヘッドバランスが軽く感じ、HITするようになり全く逆の効果があらわれます。効果の影響をよーく調べて取り替えてください。

そんな中、あるメーカーから、革巻きの(柔らか目)パターが発売されました。厚みがあり、ソフトに握ってパッテイングすると、ヘッドが素直に、軽快に動きました。

あっと気ずきました。ゆったりグリップだとヘッドがよーく仕事します。
このゆったりグリップ効果の方が、実は太目グリップの影響が大きいのではないかと思いました。(グリップが太いと少ない力でにぎれます。)

感性と予知のクラブ。ストロークの40パーセントを占めるパター。

相手を知り、己の扱い方を知って、上手に付き合って下さい。

ホームページ制作はオールインターネット