2018年11月16日

再来店

先日初来店の方が、再来店。

 ゴルフの結果は98でしたと。自分自身では非常に満足の結果でしたと、

 嬉しそうに入店されました。いわれた通り、力まず、ゆっくりなスイング

 を心掛けプレーしましたと。興奮気味に話されたのが、印象的でした。

 (W#1は今まで通りのクラブでしたが、鉛を貼って、ヘッドが返り易く、

  クラブ軟らかくなるように造作をして、望んでもらいました)


 再び店内で、試打をされたのですが、初めと比べると、余裕があるスイング

 になり、決して力任せの振り方ではなくなっていました。

 同伴競技者の方から、もっと飛ぶのではと言われ、力量以上で振った時は

 OBが出ましたが、ラウンドを通して、アドバイスをできる限り守りプレー

 しましたと。


 ここにきて、今まではいただいたクラブ、安かったから購入したクラブの

 人生に 終止符を打とうとゆう気になりましたと。


 アイアンから、ドライバー、FW,UTと一式見繕ってくださいと。

 試打クラブで 色々な種類のものを試していただき、自分自身が気持ちよく

 スイングのできるクラブを見つけてゆきました。

 残るは、予算ですがと・・・・・。


 この期に及んでクラブを購入することになるとは、思ってもいませんでした

 と。

 今は、すぐにでも練習場へ行きたい衝動に駆られていますと、嬉しそうに

 話されていました。


 銘柄やブランドに対してこだわりはありません。自分自身に相応しい

 モデルを提案下さいと。 又近じか来ますと、会社に戻られました。

 
 何かいいことをしたな〜との思いと、同時に希望にこたえてあげたい思い

 で一杯です。売り上げもさることながら、熱中ゴルファーができたことに

 嬉しさも一入です。

2018年11月15日

新製品紹介 パター

PINGより、長さのアジャストできるパターが、新たに発売されます。

 昨今クラブフィッティングが盛んにおこなわれています。いつも言って

 いますが、パターはスコアーの4割を占めるとなれば、なおのこと、その

 必要性は大きいと、思われます。


 距離感と方向性が、より大事なクラブです。モデルによっては、ライ角や、

 長さによる角度の変化があり、一筋縄では、なかなかフィットしたものは

 見つかりません。


 今回、あのパターで有名なメーカーの PING ジャパンより、長さが

 その都度自分で調整できるパターが、発売されます。

     (32インチから36インチまで、調整が可能)

 
  発売はこの12月14日からです。

  ブレードタイプが、28000円+税

  マレットタイプが 31000円+税 で予定されています。


 パターのライ角は、概ね70°となっておりますが、長さを短くすれば、

 アップライに、長くすればフラットになります。このあたりも注意して

 お買い求め願いたいものです。


 更に今回は、金属インサートでなく、非常に軟らかいインサートが装着

 されています。このことにより、3パットは無論のこと、一番もったいない

 パターにおける、ショートが無くなることが期待できます。


 無論ボールとの相性もありますので、総ての方にとは言いません。

 しかし、ボール選択においても、重要なポイントですのでよーく考慮して

 お買求め下さい。


 地味な存在ですが、一番成績に直結するクラブです。自分に相応しい

 モデルを慎重にお選び下さい。

2018年11月14日

体で覚えるのは、なかなか・・・・・

どんなスポーツでも同じだと思いますが、体で覚えることは、非常にむずか

 しく、頭で理解していても、現場では、なかなかその通りに実施できるとは

 限りません。


 ゴルフも違わず、理屈を頭で理解していても、いざ、現場でその通りにでき

 るかと言えば、なかなか・・・・・・・。


 プロ野球の毎年2月からのキャンプにしても、特別なことをやろうとしてい

 るのではなく、あくまでも基礎の反復練習に他なりません。


 ゴルフにおいても、上級者の方ほど、その必要性をよく理解されていて、

 毎日のように、アプローチ感覚を磨かれています。


 理屈ではなく、感性がより必要なゴルフでは、4日間もグリップを手に

 しないと、感覚が鈍ってきます。グリップを握るだけでも良いので、反復

 練習を続けて下さい。このことが 体が覚える につながり、現場での実施

 に反映される、唯一の方法です。


 頭だけで覚えていると、時間がたてばたつほど、人間は忘れてゆきます。

    (その場から3歩歩くだけで、もう忘れることもあります)


 継続する努力は決して、裏切ることはありません。理屈を覚えるのでなく、

 体が反応する感性を、磨いてください。

         寝ても 覚めても、寝ても覚めても。

2018年11月13日

15年前のクラブで、そろそろ・・・・・・・・・・。

40歳代の方がふらっと入店。WEDGEをしきりに気にされていました。

 種類が多く出されていますが、私にとってどんなWEDGEがいいですか?

 と、今は52°と58°を使用していますが。と、質問されました。


 当然のこと、アイアンの流れが重要ですので、今何を使われていますかと

 尋ねると、RAC アイアン DGS200付き ですとの返事。

 流石に最近重さ、硬さを感じるようになって、そろそろ買い替え時かなーと

 感じるようになりました。何年も買い替えていない為、最近のWEDGE
   
 が乱立していて、何を基準に選定すればよいのか、尋ねられました。


 多すぎるくらいの種類のWEDGEが提案されていますが、単純に考えて、

 ハイバウンスの操作性を取るか、ローバウンスのオートマチックを選ぶか

 の、2つに一つですと。但し重さは、アイアンよりも重い種類を選んで

 ヘッドのある場所が解かるタイプのものをで選んで下さいと、アドバイス。


 アイアンも今より易しさを持った、少し軽めにしたいとの希望で、まだ

 具体的ではないですが、参考になりましたと、お帰りになりました。


 どんな商品をお選びになるにしろ、この先5年や7年使い、自分自身も

 年齢を重ね、体調も変化することも踏まえ、お選び下さいとアドバイス

 しておきました。


 あまり極端な変化の商品はお勧めできませんが、納得のゆくクラブを購入

 して頂きたいと、願っております。

2018年11月12日

本当の相談相手がいない

50台前半の方が、フラッと 来店されました。

 この10月から ゴルフの練習を始めたばかりですと。

 実際に、球を打ってもらうと、確かに、へっぴり腰の手打ちで、しかも

 煽り打ちで、方向も定まらず、まともに当たりません。当たり前ですよね。

 来店の理由は、自分がどんなクラブを選べばいいのかの、相談でした。

   (カーボンシャフト付きか、スチール付きか。RかSかSRか)


 年齢を考えると、微妙な選択です。またブランドものにしようか、否かと。


 その方その方に応じた悩みがあるのだなと、思いつつ、クラブの特性、

 道具としての性格、歴史の上での変遷などを説明すると同時に、自分自身

 の運動経験、基礎体力からくるH/Sや、振るタイプから相応しいクラブ

 が何かなど、1時間半にわたり、レクチャーしました。


 本人にとって、まだクラブを握り始めたばかりで、説明やレクチャーが

 100%理解されたとは思っていませんが、何がし参考になったかと

 思っています。

       このような方が、最近多く見受けられます。


 お客様に対するお店の対応が、こと細かく顧客に接するすることができて

 ないためだと思われます。ゴルファーがシュリンクしている中、売り上げ

 ファーストでの対応では、本当にゴルファーの満足には結びつきません。


 言葉や、表現では努力しているような言い方をされますが、何を使えば

 いいのか、またどのようなものが相応しいのかと、不安をもって来店

 される方々にとっては、スッキリとした回答にはなってないのが現実です。


 若い方ならともかく、社会的地位もあり、お付き合いする方々、ゴルフを

 一緒される方々など、クラブの選択肢にはいろいろと問題があります。


 その中で、今だけでなく、将来を見据えたクラブ選びが大事になってきます


   少しでもこのような方々の手助け、助言ができればと思います。


 真剣にゴルフに取り組もうとしている方を、1人でも2人でも多くして

 行きたい思いでいっぱいです。
 

ホームページ制作はオールインターネット