2017年8月7日

台風接近の中 パターフィッティング

注文のWOODが入荷したとゆうことで引き取りに見えました。台風の接近

にも拘わらず来店されました。アイアンとウッドが揃い残るはパターだけと

パターに対し興味深々。そこでパターフィッティングを実施しました。


スコアーに対する割合が2割のドライバーに対し、パターは4割〜5割を

絞めています。頭では理解しているものの、やはりドライバーの飛びの爽快感

魅力には勝てません。(将棋で言う、王より飛車をかわいがり かな)


冷静に考えると、どちらがスコアーメイクにより大事かは、明らかです。


パターフィッティング進める際に、好きと相応しいとは違うことが多いとか、

人気があるか無いか、高いか安いか等々の選択肢がある中で、ほとんどの方は

合う 合わないでなく、自分の好きなモデルを選ばれています。(この方も)


方向性のチェック、距離感の検証を行ってゆくと、次第にパターにたいする

理解度が増して、さらに実打をして頂きながら体感して頂きました。

すると納得の様子に変ってきました。


結果として、相応しいモデルに該当するパターが見つかりましたので、お持ち

返られました。


アライメントの話や、オフセットの話、はたまたヘッドの重心の話、ボール

とフェイスインサートの相性など、今まで聞いたことも見たこともありません

としきりに感心されていました。


  ゴルフは物理だ が少し理解された感じで私も嬉しくおもいました。

又、ボールありきのゴルフの言葉通り、ボールの大事さもお伝えしました。

2017年7月31日

正面で同調

ゴルフの話ですか? と思われるかもしれませんが、打点が軸線から外れて

いる事に加え、ゴルフとゆうスポーツにとっては、非常に大事なポイント

です。

人はもともと体の正面の幅(左肩〜右肩)でしか物事をコントロールする事

は出来ません。


イメージで考えると理解できると思いますが、これを実行している方は、同時

に、今のクラブを同調させて使っている方です


ゴルフは、ボールに対し正対してスタンスに入ります。この姿勢でインパクト

を迎えれば何ら問題はありません。正面で クラブと同調してスイング出来

ます。


この様な体勢でスイングしているつもりでも、ほとんどの方が、体が先に

開いてしまったり、ボールより先に体が突っ込んだり、その為に、遅れを

取り戻そうと利き手で、ボールをつかみに行ったりしているのが現実です。


今流行の将棋ではありませんが、岡目八目で、第3者の方のほうが、場面や

状況を、冷静に見ることができます。

  (このためにプロはティーチングプロや、コーチをつけています)


正面でボールをとらえ、クラブを同調させて振ることは、容易なことでは

決してありません。このことが1番ホールから最終ホールまで、冷静に

対応できれば、ゴルフはもっともっと易しくなります。


風とか気温、打ち上げ、打ち降ろし、池、山、谷などのハザードが色々と

用意されているのがゴルフコースです。


そんな中で、ズ〜と正面でボールをとらえ、クラブを同調させ、冷静沈着

な判断と 実行ができていると いいスコアーにつながるはずです。


もう一つ体感して言えることですが、同伴競技者に恵まれることです。

2017年7月29日

PING 新製品 G400 紹介

3つの特徴を持つ 新製品 PINGのG400の紹介です。

ぶれない: 上下 左右の慣性モーメントが非常に大きく設計されている為

      ぶれない安定したヘッドです。STDで市場平均値より21%

      大きく毎回曲がらず、真直ぐに飛びます。

抵抗しない: 前作に比べ ダウンスイング時の空気抵抗が15%抑えてある

       為、ヘッドスピードが上がり、結果フェースの戻りがよくなり

       ボールがつかまります。

反発する: 前作より16%たわむ新TPS+フェースだから初速が0,53

      M/Sアップします。強度の高い極薄フェースですので、どこに

      当たっても飛びます。

プレーヤーのヘッドスピードに応じて 下記の3タイプが用意されています。

     G400 SFT (スライサー向け) 10° 12°

     G400 STD (万人向け)    9° 10,5°

     G400 LST (低スピンタイプ) 8,5° 10°


FWにもドライバー同様の機能が搭載されています。

 PING史上最も高慣性モーメントでヘッドを安定させ、さらに低深重心
 で真直ぐに飛びます。

 フラットソールで、抵抗が最小限に抑えた形状で、ナイスショットの予感

 前作より、30%たわむ 新マレージングC300フェースの採用で

 初速が0,89M/Sアップし、飛ばします。

 ドライバー同様にSFT,STDがあります。中上級者向けに、低スピン

 タイプとしてG400 STRETCH3(3W−13°)もあります。


UTにもG400 ハイブリッド(ユーティリティー)が用意されています。

#2(17°)#3(19°)#4(22°)#5(26°)#6(30°)

があります。

 前作 G クロスオーバーに変るアイアンタイプのユーティリティーも

 用意があり、ロフトを1度ずつ寝かせ、最高到達点が上がり、キャリーで

 飛ばすタイプに変りました。

G400のアイアンにも、ぶれない、抵抗しない、反発する機能を持たせ、

 安定した、楽に振れるフラットソール形状の、新飛びフェース採用の

 アイアンが誕生します。(9月7日 新発売予定です)

今のニーズにこたえる 飛びと、易しさを兼ね備えた期待できる商材です。

弊社におきましても試打クラブが入荷しましたら、SNSにて発表します。

2017年7月12日

パターのフェースインサートについて

ストロークの4割を占めるパター数。青木 功プロに上達の秘訣を尋ねると

まず、パターの芯でHITしてください。とゆう返事が返ってきます。

ふむふむなるほど、納得するようなしないような返事ですが、的を射ています


それに加え、現在では、ボールの変化にも注目しなければなりません。

ボールの素材の変化、カバーよるスピン性能のコントロール等々、各メーカー

が、しのぎを削って開発競争を行っています。

概して、発売されるボールは異口同音に軟らかさを増してきています。


パターのインサートについても、同様の変化が見られます。

オデッセイですと、ノンインサート、

           FUSION RX インサート、

           WHITE HOT インサート、

           マイクロヒンジ インサート

           WHITE HOT インサート

         等々多くの種類があります

何を選ぶかは、使用するボールとの相性で決まります。

ゴルフのスコアーは、ボールありきです、とお伝えしていますが、その通り

だと思います。あまりボールの種類は変えないでください。


打感、フィーリングは各自 まちまちで、夫々の感性に基ずくものです。

   自分の感性に合ったモデル、インサートの物をお使いください。


ODESSEYのお勧めの組み合わせは、硬いボールに軟らかいフェース、

もしくは、軟らかいボールに硬めのインサートがお勧めです。


   パターフィッティングにより、アドバイスできると思います。

2017年7月5日

パターのグリップについて

最近のパターのグリップは、様々なグリップが装着されています。

流行だけでついているパターもあれば、モデルによってグリップを使い分け

しているメーカーもあります。


最近は、プロの影響か、スーパーストロークのグリップ付きのパターが目立

ちます。これにも太さが色々あります。

  1,0,2,0,3,0など (数字が大きい程、太くなります)


私も2,0のついたパターを試しに使ってみましたが、すぐに細いグリップに

交換しました。ピンタイプのワイドタイプを使っていますが、フェースバラン

スとはいえ、ピン型ですので、ややHITするほうですので。


マレットタイプとか、大型のヘッドのモデルであれば 太目のスーパースト

ロークが相応しいと思いますが、ピンタイプやL字タイプの使用者にには

やはり、積極的にローテーションを使う為にも、細めのグリップが、お勧め

です。

モデルや打ち方によって、グリップも使い分したほうがいいと思います

     何せ、ストロークの40パーセントを占めますから。


流行で差し替えて欲しいととゆう方もお見えになりますが、タイプによっては

お断りすることもあります。(ちゃんと理由は、のべます)


ストロークの4割を占めるパター。非常に大事なクラブです。もう少し

ボールの選択共々、グリップも慎重にお選びください。


  EACH DESIGN FOR EACH GOLFERです。

           お間違え無いよう !!

ホームページ制作はオールインターネット