2018年4月24日

オリヂナル商品とカスタム商品の差

昨今クラブフィッティングが盛んにおこなわれています。


 何かカスタムシャフト付のクラブの方が、値段が高いせいか いいように

 思われる方が多く見られます。値段が高ければ、それだけで飛ぶのかと

 ゆうと、全く逆の現象が、多く見られます。


 一般的に、オリヂナルシャフト付の商品は、そのクラブのポジションに

 応じたシャフトが装着されています。そこでこれをカスタムにすると、

 もっと飛ぶような印象があります。それは30〜40歳代のアスリートの方
 
 にとってであり、一般のゴルファーにとっては、百害あって、一利無し

 の商品になることが、大変多く見られます。


 どのメーカーもまずは、オリヂナルシャフト付クラブありきから始まります

 どうしてもスタンダードな商品がいやだとゆう方には、対応してあげていい

 のですが、一般的に言えば、硬くて、ストレスの多い、ハードな仕様になり

 知らず知らずの内に、ゴルファーは力任せになり、本当にそのシャフト機能

 が、又ヘッド特性が生かされたクラブになるかは、定かではありません。


   今までの経験でいえば、大半がハードすぎる傾向にあります。

 
 一般仕様でなく、自分は特別仕様のクラブで、高額の商品を使っていると

 ゆう満足感に浸るのもいいのですが、あくまでもクラブは道具です。


 ストレスのない、スタートから、最終ホールまで、自分の体力に相応しい

 モデルをおえらび下さい。


 ヘッドのアイテムにより、同じシャフトを装着しても、フィーリングは

 かなり変化します。又逆に、ヘッドが同じでもシャフトが変われば、

 振り心地は変化します。(ウッドの方がアアイアンより敏感に感じますが)

 
 そのクラブの持ち味が一番発揮できる仕様のものを試打して、納得して

 お買求め下さい。 (机上だけで決めるのでなく)

2018年3月30日

やはり何事も 基礎が大事ですね

40台半ばで、ホームコースを持たれ、本格的にH/Cを取得しようとされ

 る方が来店されました。若い時から自己流で、若さとパワーで他の人々より

 飛んでしまい、あまりゴルフを深く追求することなくされていました。


 技術や、道具(クラブ)にも無頓着であまり真剣に考えられませんでした。

 ホームコースを持ち、自分のパワーで攻略できるであろーと思い臨みました

 が・・・・上げどまり。かえって自信をなくすようなスコアーの連続で、

 何が悪いのかもわからない状況に陥りましたと。


 さしあたりアプローチとパターが難しいとゆうことで、チッパーを探しに

 お見えになりました。よくあるケースですが小手先で解決しようとする

 意図がまじまじと見えました。


  しかし私は、もう少し根本的な原因の追究が必要ですとアドバイス。

 若さとパワーは50歳を目前に 以前の輝きは流石に薄れてきます。


 道具との相性もさることながら、芯をとらえているか? 振り方が基本に

 沿っているか? 体幹でスイングしているか? などチェックすると、

 ビックリする結果でした。

 クラブの変遷も加味しながら、対応していかなければ根本的な解決には

 なりません。


 小手先での近道を選ぶか、基礎からクラブの本質を見直し、スイング自体

 から変えてゆくことがいいのか 選択をする時期にきています。


 50歳を目前に、厳しい選択に迫られていますが、私自身は迷わず後者を

 お勧めしました。


 今後のクラブライフを楽しいものにする為にも、是非頑張って本質のゴルフ

 を体得して頂きたいものです。 必ずやできるはずです。

2018年2月8日

インターナショナル フレックスコード

これはシャフトの特性を4桁の数字で示す手法です。

 シャフトの全長を4分割して、各部の剛性の高さを数値の大きさで示すもの

       これはダンロップが提唱しました。

 X,S,Rといった従来のフレックス表示に代わり、シャフト全体を4か所

 に分割し各部の相対的な硬さを1〜9の数値で表したものです。部分的剛性

 設計による性能特性を4桁の数字で解かりやすく表示したことにより、

 スイングのタイプに合わせ、より正確でキメ細かいフィッティングが可能

 になりました。

        EXAMPLE 

  1、XXIO X(テン)    
                手元  5,3,3,3、 先端

  2、SPEEDER EV 検。僑僑隠咫
                手元  6.5,5,8  先端

  3、TOUR AD IZ 6S
                手元  6,5,4,5、 先端

  4、アッタス COOL 6S
                手元  6,5,4,6  先端


  シャフト先端から36インチ、26インチ、16インチ 6インチ、

  の位置の剛性です。 (W#1の場合)


  テンポの速い方は、手元の数値が大きい方がマッチしやすく、逆に

  ボデーターンの方は 手元の数字が小さいと思いっきり叩けます。

  このように単純な硬さ(X,S,R)のみでクラブを選ぶのでなく、

  シャフトの特性を見極め、より細かなフィッティングが可能になりまし

  た。

  
  他社オリヂナル製品、シャフトもこのようなインターナショナルな

  表現方法で表されると、われわれのような者にとって非常に助かる

  のですが、現在のところはまだ表示されていません。

  一日も早い、実施を期待したいものです。

2018年1月30日

テーラーメイド M3,M4 注目度アップ

ツイストフェースで方向性を良くし、ハンマーヘッドのリブにより反発

 エリアを中央によせ、リブコアでヘッドの慣性モーメントを大きくし、

 スイートエリアを広げるなど、いいことずくめの設計意図が認められ、

 この機種の注目度が、日に日に増してきています。


 2月16日(金)とゆう寒さの中での新発売にも関わらず、このところ

 問合せや、注文が殺到しています。


 無論、クラブが弾道を安定させ、かつ飛距離が期待できる構造を持つと言え

 ども、打ち手のプレーヤーが しっかりとしたスイングができていなければ

 宝の持ち腐れです。


 クラブの機能を理解するのは当然のことながら、自分のスイングパターン

 に相応しいシャフトの種類、長さ、硬さ、モデルを違わず選択することを

  
 切に切に希望いたします。


 どちらかといえば、ハードスペックの商品を選ばれる方がほとんどです。

 現在および近未来の自分を想像して、アイテムをお選び下さい。


   硬さは敵だ 力み の自己満足以外なんの効果もありませんよ。

2017年12月15日

バックストライクパター

パターフィッティングに感心しきりの方に、感激しました。

 閉店間近に、ごく近所の方が来店。今まではTAXIでショップまででかけ

 愛想の無い、上から目線の対応で、何を購入していいのか、まったく解らず

 困ってしまい、弊社にご来店。

 こんな近いところにお店があったんですねと。(弊社も告知不足を反省)

 パターの有効性や重要性についての話から始まり、ボールの種類の大事さ
 
 を含め、選定の基準に至るまで説明させて頂き、実打をして頂きました。

 方向性と距離感のそれぞれを分けて説明し、ひとつずつ理解して頂きながら

 結論を出してゆきました。

 
 オフセットが小さく、フェースバランス、ヘッドの重心位置が低めで

 アライメントがあるタイプにたどりつきました。


 そこで登場したのが、バックストライクパターでした。(オデッセイ)

 本人も非常に気に入った様子で、このパターに決まりました。

 ボールの統一性を計ることを御願いして、明日の本番に向け、持ち帰られ

 ました。

 久々にバックストライクパターが出ました。しかしこのようなパターが

 相応しい方をよーく見受けられます。異様なデザインで戸惑う方もあります

 が、機能は十分に満足できるものをお渡しできたと思っております。

          
            明日の結果が楽しみです。

ホームページ制作はオールインターネット