2017年6月14日

キャデーバッグの仕様変化

軽薄短小の世の中です。社会を見渡すと、何かにつけ、この言葉が当てはまり

ます。我々のゴルフ業界も、ご他聞にもれず、この傾向が見て取れます。


クラブがまず、軽く、やわらかく、非常に滑らかになり、人(プレーヤー)

にやさしくなりました。キャデーバッグにもこの傾向が、ハッキリとあらわ

れています。


2KG台の軽量キャデーバッグが、年々多くなってきています。

3KG,4KG台の重いバッグは減少傾向です。


2KG台のキャデーバッグは、昨年対比 15パーセントUP,一昨年対比

ですと30パーセントもUPになります。3KGのバッグよりも多く販売され

ています。  (YPSゴルフデータより)


8,5〜9,0インチの2KG台のキャデーバッグの需要が多くなってきて

います。


軽量、高強度、コンパクト、口径大き目が、今のキャデーバッグのトレンド

です。

クラブも軽くなり、キャデバッグも軽くし、ECOに努め、スコアーも軽く

して、その分楽しみを増やしましょう。

2017年6月12日

RSと NEW RS打ち比べ

6月11日 絶好の天気に恵まれ、15RS W#1にて試打ラウンドに

行ってきました。10,5 M−40 RS

自分のドライバーに比べ 方向性が良く、高弾道で安定した飛びを現場で、

確認してきました。


飛距離は安定した高弾道で、気持ちよく感じたせいか、いつもより飛んでいた

と感じました。

   (高い球が好みですが、チョット高すぎるくらいに感じました)


メンバーコースでもあり、いつものテイーからのショットで、イメージは

間違ってないと思います。


RSと NEW RSとどちらも打ち比べてみましたが、NEWのほうは

ややしっかりめで、より先調子に感じました。15RSはハッキリと

中〜元表示がしてあるだけに、チーピンが出たり、硬さによる違和感は

ほとんどありませんでした。むしろ柔らかささえ感じ、帰りました。

       :硬さは敵だ: を実感しました。


同伴の一人の方が、ディアマナ60S付のクラブで、かなり散っていました。

年配の方も、最初のうちは、突っ込んでなかなかボールが上がらなっかった

ですが、アドバイスにより、突っ込みが無くなってからは、よく飛び、クラブ

の機能を感じて見えました。


メンバータイムに飛び込みで入りましたので、初めての方ばかりでしたが

楽しく 和気あいあいと一日を過ごすことができ 有意義な一日でした。

噂通り、よく飛びますよ。今度のギリギリはもっとヤバイです。実感。

2017年6月9日

久しぶりのご来店

PRGR スタヂオでスクールに入られてから約2年。

久しぶりに弊社に来店されましたご婦人。SWが欲しいとのことで来店。


どれどれと久しぶりに、効果の程 拝見することができました。


スタンスは広く、右手でしっかりと叩き飛ばそうとゆう気持ちが、見て取れ

ました。


アイアンとFWのつながりのクラブをとの理由でUTを売っていただきました

レデイースものでは、軽くて物足りなさそうでしたので、男性用の柔らか目

のクラブを振ってもらうと、さすが重いのか、体で振るようになると同時に

余計にリスト(右手)を使うスイングになりました。


女子プロのように、リストをあまり使わず、クラブを体幹で振れると もっと

もっと楽に振れるのにと、アドバイス。


重いクラブのメリットを説明し、球のとらえ方も併せてアドバイス

(重いクラブだと、手だけでは振れなく、体幹で振るようになり、球のとらえ

方もダウンでとらえる感覚が身に付きますと)


        硬さは敵だ。柔らかさは味方だ。


皆様も、一度 軽硬(かるかた)と軟重(やわおも)を振り比べてみてくださ

い。  打つクラブがよいか、下すクラブがよいかをご確認ください。

2017年6月7日

こんどのギリギリは、確かにヤバイ

RS2017の試打にお見えになりました。

  H/Sが47M/Sで MAX295YDが計測されました。
       (RED EYES POCKETによる)

完全ボデーターンの方です。パワーヒッターだけあって、左への不安がある

タイプのクラブでは嫌だといわれ、RS(M40)を試打して頂きました所

上記のようなDATAが計測されました。


クラブヘッドの見え方も、FよりもRSの方が好みで、かつシャフトも

やや中〜元も 異和感なく、恐怖心もなく振れるとのことで、このタイプ 

のMー43 に決まりました。


もう一人の方も、仕事疲れで振りきれないかもと言いながら試打。

先の方同様RSのM40を試打されました。軽めに振ってH/Sが38Mで

228YDの表示(RED EYES POCKET)にやや驚きの表情。


もう一本他のメーカーの試打と、打ち比べをしたところ、同様の数字が

見られましたが、結果として RSの40に決定しました。


この方は、やや手打ちだった打ち方から、ボデーターンの打ち方に変って

きていて、結果こちらを選ばれました。


今月の9日の発売が待たれます。メーカーからは、すでに欠品状態になって

いますとの連絡もあり、期待度の大きさもうかがえます。


いずれにしましても、易しめのヘッドで、自分のスイングパターンに合う

(より気持ちよく振れる)シャフトを選んでください。(硬いは、悪です)

2017年6月1日

100YD、貴方はロフト何度で狙いますか?

100YD以内のショット数が、スコアーの6割ですとお伝えしました。

この様に、100YDというのは、アマチュアゴルファーにとっては、

非常に大事な数字です。では今のヘッドスピードで 100YDは、何で

打たれますか。(何度のクラブで打たれますか)

PWなのか、AWなのか、48°なのか、50°なのか、人其々です。


ここで H/Sと100YDの関係をお伝えします。(参考にしてください)

     H/S  38〜39        46°
     H/S  40〜41        48°
     H/S  42〜43        50°
     H/S  44〜45        52°
     H/S  46〜47        54°
     H/S  48〜49        56°
                       ミズノ DATAより

アマチユアにおいては、100YD,200YDを制するものが絶対的有利


又 IRONセットとの流れもあります。単品扱いのウェッジの場合は、

流れの中で、ウェッジの本数を決めて下さい。


* ウェッジの番手間は、約4°ずつぐらいが適当です。    
                   
* スイングタイプによって

    打ち込みタイプ    ハイバウンスのソール幅狭め
    払い打ちタイプ    ローバウンスのソール幅広めがお薦めです。

こんなことを参考にしてお決めください。自分自身の使うクラブですから。

ホームページ制作はオールインターネット