2018年9月27日

クラブの10年サイクル

シーズンインで色々な新商品が展開されています。

 お助けクラブとしてのクラブ、長年ゴルフをされた方々が違和感を感じない
  
 WEDGEなどなど。

 よく考えてみればクラブは、ヘッド、シャフト、グリップでできています。

              単純明快です。

 シャフトは 毎年シャフトメーカーから提案の商品が出されます。

 グリップは5〜6年ぐらいのインターバルで人気の商品が展開されます。

 残るは、ヘッドです。


 大きいヘッド、小さいヘッド、グースのあるヘッド、ストレートなヘッド

 返り易いヘッド、返りずらいヘッド、シャローなヘッド、こつとしたヘッド

 昨今では、W#1に調整機能が施された商品が多く出回り、自分で微調整

 ができるシステムが多く見られます。使用目的に応じて調整して、お使い

 になる方も多く見られます。


 FWやUTでも同じで、10年ほど前に、違う宣伝文句で発表されていた

 商品が、リバイバルして商品展開されているのをよく目にします。


 私どもは、様々なメーカーの様々なブランドの商品を、長い間見てきて

 いますので、このような展開がよくわかります。

 自動車業界でも同じで、デザインが 丸型中心の中で、ある日突然、角

 ばったモデルが出ると、斬新で、目新しく思うのと同じです。この繰り返し

 です。

        HISTORY REPEAT ITSELF 


 PRGRのQシリーズのFW,UTは、テーラーメイドのスチールヘッド

 にその形状が非常によく似ています。

 フォーテイーンののFH FORGED V1は30年以上ゴルフをされた

 方々にとっては非常に、懐かしく、操作性の良い 見た目小ぶりな

 WEDGEです。


 その時代その時代で、流行や注目の商品を使われた方々が、安心して使用

 できるモデルが繰り返し、繰り返し展開されてきています。


 ゴルフは感性のスポーツだとよく言われますが、これも又事実です。

 好むモデル、好まないモデルがある中で、自分がどれを選ぶかは、自分自身

 で決めることです。


 しかし 道具の進化(変化)に逆らってはなにも始まりません。

 相手も変わります。自分もその変化を理解して対処してください。


 それがゴルフと長ーく付き合う、一番のテーマでないでしょうか。


            歴史は、繰り返します。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

タイトル:

コメント:

 
ホームページ制作はオールインターネット