2018年9月3日

健康のありがたさを痛感

5月20に肉離れを発症し、それから2か月間ゴルフができませんでした。

 8月中旬、暑さも手伝ってか、痛風を発症。様子を見ながら 9月になり

 初めてプレーができました。


 足が悪くても、手が悪くても、どこが悪くてもゴルフは出来ません。

 久々にゴルフができ、改めて、健康の大事さを痛感しました。


 これから、ゴルフにとっていい時期に入ります。弊社としても、皆様方の

 ゴルフライフが楽しく、長きにわたり続かんことを願っております。少し

 でもスコアーの改善、ストレスの解消などに貢献できればと思っております

 
 ゴルフができなくなると、健康で、無事なことがこれほど大事なことなのか

 と改めて思い知らされます。

 メンバーの方々も、様々な環境で、いろいろなことを経験され、ゴルフを

 されていますが、その裏にはいろいろなことが隠れていることを聞くと、

 興味深々です。


   いずれにしても、健康で無ければ、仕事もゴルフもできません。

 くれぐれもお体をいたわり、御身を大切にし、ゴルフを楽しんでください。

   私も、少しでもそのお手伝いができれば、幸いに存じます。

 
ホームページ制作はオールインターネット