2016年12月24日

FUJIKURA ニュースより

シャフトメーカーのフジクラよりのニユースです。

好調な販売が続く、SPEEDER EVOLUTION 靴糧稜籠宛の

ニュースが入ってきました。


品番では、661SがNO1ですが 重量帯で見ると569の比率が高い

のが特徴的です。又同FWにおいては同じ重量もしくは、一つ重い重量帯

が選ばれています。

この実績からも、判明りますように、FWについては同じ重量もしくは

一つ重い重量帯のシャフトをお選びください。

(メーカーのFWは大半が、W#1のシャフト重量と同じ重さのものを

 使い、重さの違いが4〜5gしか無い為、引っかかることが多く 見られ

 ます。 特にショートWOODに顕著に見られます。)

これは、FWになりますと、ロフトがW#1より多くなり、つかまりが良く

なります。又クラブの長さも短くなり 振りやすくなるため、引っかけ

が出ます。このためH/Sの速さに応じて、総重量を重くして引っかかり

を防止します。

例えば、W#3とW#5では、H/Sが40M/S以上あれば、総重量を

10グラム以上増やした方が、結果は良くなると思います。

決して重くなるからといって、H/Sが遅くなり飛ばなくなったりは

しません。

返って、うち急ぎも防げますし、体幹で打つことにもつながり、好結果が

期待出来ます。是非皆様も体感し、実践してみて下さい。

2016年12月1日

あのタイガーウッズも使用か

NIKEが昨年8月に、クラブとボール事業より撤退すると発表されて以来

、NIKE契約のウッズとマキュロイの 使用クラブとボールの行方に関心

がありました。

ここにきて、タイガーが復帰のプロアマ戦で、BSの TOUR B330S

を試しているとの報告がありました。

パターも、ナイキから かつて愛用していた、スコッティキャメロンに、

戻っているとのことです。


そこで、BSの TOURB 330S ボールについて紹介いたします。

       330S ボール

(飛び・スピン・打感)に拘り開発。とく:飛んで止まる:を徹底追及

ボールタイプ           スピン系

ボール軟らかさ          10段階のうちの6段階    
                 1:ソフト  10:しっかり

構造               3ピース  中弾道タイプ

打感               パイオニヤ(株)の音響研究部門との
                 共同研究で、プロ 上級者が求める
                 打感、打音を徹底追及
                 フェースは吸い付くソフトな打感

種類               ホワイト、イエロー、オレンジ

値段               オープン価格

機能   1、スーパーハイドロコア

     コア内部の硬さのグラデーション(中心が軟:外側が硬)を大きく
     付けた、大径コアの採用により、フルショット時の
     (高初速:低スピン:打感の良さ)を実現
    
     2、スリップレスバイト・コーティング 

     新開発コーティングが、クラブフェースでの滑りを抑え、高い
     (アプローチスピン性能)を実現。更に細かい傷を自動修復する
     機能もあわせ持ち(耐久性)が向上しています。

  日本ではこの330Sと330Xの2種類が発売されています。

  ソフトな打感、スピンのS。風に強い、飛びのXと紹介されています。

  自分の求めるものに相応しい方をお選びください。

 
ホームページ制作はオールインターネット