2017年2月22日

新テクノロジーパター O−WORKS 新発売

2月下旬に、新機能搭載パター O−WORKS パターが登場します。

  特徴

  1、MICRO HINGEインサートが、かつてない順回転を生み出す
    為、芝の影響を受けずに、ライン出しができます。

  2、WHITE HOTインサートと同じボールスピードでソフトな
    フィーリングで距離感が合わせやすい。

  3、スーパーストロークグリップ(ピストルタイプ)の採用で、
    カウンターコアウウェイトを装着する為、カウンターバランスを実現
  
  4、NEW VERSA Tアライメントをブレード型のオーソドックス

    な形状のパターに採用
    
    VERSA(HORIZONTAL)アライメントをマレット形状

    のパターに採用し、方向出しが更に楽になりました。

  全11機種(ヘビーウェイトのTANKシリーズが2機種)2月下旬
  新発売です。カスタム対応モデルです。

  パターフィッティングで自分に相応しいモデルを選び、順回転の良さ
  を実感してみて下さい。パターはストロークの40パーセントです。

2017年2月21日

4年ぶりのFT来店

4年前にクラブフィッティングをして、明らかに良くなったと体感され、

久々に来店。最近W#1のチーピンの悩みと、4スタンス理論について伺い

たいと来店されました。

どれどれと、現在お使いのクラブを見させていただきました。

非常にシャープで小さ目の鍛造アイアン。H/Sは45M/ぐらいで、やはり

とゆうか、小さめのヘッドをこのむ方にありがちな、スタンスがやや広めの

右手打ちで、飛ばそうとすればするほどグリップが、体の正面より外に出

てしまい、ボールが右にプッシュアウト気味にでていきます。

飛ばそうと思えば思う程 この傾向が強くなり、今度は小手先で直そうと

こねる 動作が始まり、ボールが散る大きな原因になります。

 (W#1のチーピンが出るのもこの原因が一番大きいと思われます)


アイアンは、もう少し重めで、やや大き目なセミラージタイプで摑まりの

よいヘッドで、シャフトは全体が撓るタイプに変更された方がとアドバイス

全体撓りで、トウダウンを起こさせ、ヘッドの芯でとらえて、シャフトの

撓りで安定した飛距離を出して欲しいと思います。


W#1も重心角の小さい、回転しずらいヘッドモデルでした。

ボデーターンのの方ですので、ヘッドが返りにくいモデルはあまりお勧め

しません。

重心角でいえば28〜30°ぐらいで、ロフトは10,5°以上のヘッドで

シャフトは60グラムの後半で、ダブルキック位のシャフトがお薦めです。


厳密な4スタンス理論でいえば、A2タイプかと思われますが、これは状況

により変化しますので、一概に決めつけることはしません。もう少しスイング

が安定した時点で明確にお伝えいたします。

いずれにしましても、打って飛ばすとゆうことから脱却し、クラブの性能を

機能を発揮してゴルフを楽しんで欲しいと思います。

撓りで飛ばす今のクラブの性質を感じてスイングしてください。


クラブマネージメントを身につけましょう。パワーに頼るだけでなく?

 
ホームページ制作はオールインターネット