2018年7月21日

新商品発表・展示会に行ってきました

この時期、秋口と来春の新製品の発表展示会が行われます。

 ダンロップとブリヂストンの発表展示会に、行ってきました。


 ダンロップは、NEW SRIXON ドライバーを中心に、FWとUT

 (2機種)アイアン(2機種)の発表が中心で、9月22日発売の商品で

 した。

 飛びと寛容性と振りやすさを兼ね備えた、商品展開でした。更に今回の商品

 は、音にも拘った商品ラインアップでした。

 いずれにしましても、ゼロからの再出発の商品展開で、スリクソンとゆう

 ブランドイメージに、やさしさを持たせた商品展開でした。

   (一部XXIO Xの領域にも入り込んだ商品もありました)

 
 ブリヂストンは,TOUR B Xとゆう、筋金入のクラブが中心で

 XD−03ドライバーを中心に、XD−F,XD−H、それに3種類の

 アイアンが発表されていました。9月14日発売の商品でした。


 いかにもアスリート向きのモデルで、オリヂナルシャフト付にしても

 結構にハードな商品仕様でした。

 ヘッドスピードから言えば、45M/S以上のスピードが必要な商品でした


 酷暑の中の発表会で、思うほどは打てなかったのですが、ブリヂストン

 商品はハードに感じました。昨今のゴルファーの流れからしても、やや

 ニーズは少ないように感じました。JGRのモデルも併売されていますので

 ハードと感じられる方は、そちらがお勧めです。

2018年7月14日

ボール選びについて

よくどのボールが一番飛びますか?と質問されます。

 飛びとスコアーメイク どちらがより大事ですかと 逆質問を投げかけると

 飛んで、スコアーメイクができるボールと 返事が返ってきます。

     飛んで 止まるボールがあれば一番いいですね。


 現在のボールは大きく 2種類に分かれます。ツアーボールとディスタンス

 ボールの2種類です。

 
 ツアーボールは、3層以上の多層構造で、カバーにウレタンを用いたボール

 ディスタンスボールは 主にアイオノマー(サーリン)素材を用いた2P

 (ツーピース)構造のボール

 
 まず 飛び はいずれも公認球であれば、各メーカーがルールぎりぎりの

 飛距離性能を持たせていますので、どれもほとんど変わりありません。

 ディスタンスボールとは 飛距離性能に特化したボール、あるいはツアー

 ボールから、ショートゲームのスピン性能を省いたものと考えて下さい。

 
 こう考えると、アマチュアと言えども、100YD以内でのスピン量や、

 フィーリングの合うボールを選ぶべきです。

 (ドライバーで飛んで、ショートアイアンではスピンが多くなるボール)

 
 おおよそ、ドライバー、アイアン、ウェッヂの3種類のクラブが、インパ

 クトの強さにより、其々がボールのコア層、中間層、カバーに作用します

 その為、これらの層に自分の目的に合った機能を持っているボールを

 選択すればいいと思います。


 単に層が多ければ多い程良いわけでなく、自分の目的に、フィーリングに

 合う種類のボールを選んでください。(メーカーや値段でなく)

 打感も人其々で、感性で決まることです。自分自身がどう感じるかできまり

 ます。


 スコアーの4割を占めるパターの為(距離感、方向性)にもなるべく

 ボールを変えることなく、決めたボールでプレーして頂きたいものです。


           スコアーメイクの為にも。

 
ホームページ制作はオールインターネット