2018年5月26日

一歩一歩階段を上がる様に

正直に言って、調子がいいと行きたくなり、悪いとキャンセル。誰しも

 そんな感覚かと思われます。ゴルフって行きたいと思う時は、調子がよく、

 そうでないときは、行きたいとは思いません。


 調子が良くても、ゴルフは1番ホールから18番ホールまでずーっと調子が

 いいことはあまりなく、状況や環境によって、非常に左右されるスポーツ

 でもあります。


 3歩進んで2歩下がる とゆう歌もありましたが、同様に1歩進んで2歩

 下がることもゴルフにはあります。W#1が1番飛んだ人が、有利のように

 見えますが、上がってみれば、その人だけボギーで後はパーだったことも

 ままあります。


 この様に、ゴルフには絶対とゆうことは無く、18番ホールをホールアウト

 するまで解りませんと、先輩からよく言われ、今でも胆に銘じています。


 大きな力を必要とするショットは、それほど体が忘れることはありませんが

 小さな力を必要とするショット(ショートゲイム)程、反復練習でしか

 感覚を維持できません。

 実際に球を打たなくてもいいので、グリップを実際に握って素振りだけでも

 実行してください。


 ゴルフとゆうスポーツは1歩1歩進むしかありません。面倒がらず、根気

 よく、打ち込んでください?

2018年5月22日

30年間 なにやってたんだろう

常連客様が、患者をお連れになりました。体格の立派な60才代の方です。

 W#1が180YDぐらいしか飛ばなくて困っていますので、何とか飛ぶ

 ようにしてやって下さいと、お連れになりました。


 ゴルフ歴は、早、30年とのことで、早速に試打して頂きました。


 踵体重、手が自由に動くように前に突き出したアドレス、インに引き、

 右手一本で勝ちあげるスイングをされていました。

 
 長い方が飛ぶから長いクラブを、体格がいいから硬い S シャフトで知人

 よりお値打ちだからと、購入されたとのことです。

 この様に無責任な係の方の言いなりのクラブでは、相応しいモデルかどうか

 も分からず、方向も定まらず、距離も期待できません。

 
 体型や、年齢、振り方によってその方に相応しいクラブアイテムは、

 おおよそ想像は出来ます。


 そこでまずもって、踵体重を母指球体重にしました。前に突き出たアドレス

 を 前傾時の肩の位置まで戻し、自然体で打てるように直しました。

 スイングもインに引きフェース面が開いてあげるのでなく、ややシャット

 気味にして、スイング途中での作業(動作)を少なくし、左手のリードで

 クラブをレベル(水平)に振る様に指導しました。

 (30年されていても、非常に素直な方で、言われた通りにされました。)


 すると、H/Sが35から38に、飛距離は180YDから210までに

 革新的に伸びました。本人が一番ビックリされていて、30年間何をして

 いたんだろうと、反省されていました。


 しかし、こんなことを教わってクラブを購入したこともなく、又指導された

 ことも過去には、一度も無かったともおしゃっていました。

 
 このように 今でこそスクールやインドアスタジオがあり、指導者も多く

 見られるようになってきていますが、これもここ10年ぐらいのことで、

 歴史が浅く、最近では、売らんが為だけの組織となってしまっているのが

 現実です。


 売らない提案、販売ができかねる商品を具申するのは、弊社だけかな〜

      (本当の意味で、親切でないでしょうか)

2018年5月21日

やってまったー

生まれて初めて、肉離れをやってまった。

 18番ホールの2打目で、前の組に待たされ、待ち引っかけ?で10番テイ

 の木の下へ。

 10番ティでスタートする組があり、慌ててクラブを取りに行こうとして

 斜面を駆け上があったら、パキィ とゆう音と同時に左足に力が入らなく

 なり、びっこを引く羽目になりました。


 10番スタートの組の方からは、最後ですから、頑張って下さいと励まされ

 何とか びっこを引きながらも3打目のアプローチを 崖の下から18番

 グリーンに向け脱出を図りました。何とかボギーで終えることができ、NR

 することなくホールアウトすることができました。


 しかし帰りは、右足一本でやっとの思いで帰宅することができました。


 この歳になり、準備運動の大切さは、常ずね感じてはいましたが、急な

 過激な運動もしないようにを、加えておかなくてはならないと、思った

 一日でした。


 車の運転三悪同様、急がつく運動は避けねばならないと、つくずく思い

 知らされた一日でした。(22日のコンペはすぐにお断りしました。)

 皆様も充分に注意して、ゴルフを楽しんでください。


    自分の不注意でご迷惑おかけしましてすみませんでした。

2018年5月19日

XXIOプレミアム5ボール 特価販売開始です

ダンロップのXXIO プレミアム5ゴルフボールがマークダウンで

 ¥4000円/ダース(別)にて5月下旬より販売を開始いたします。

      ( ロイヤルゴールド、ロイヤルプラチナ )


 定価¥9600円/ダースが ¥4000円/ダース(別)にて販売です。

 尚、半ダース箱入りもご用意しております。いずれも数に限りがございます

 必要な方は、早めにご予約願います。(5月下旬より予定致しております)

 
 いよいよゴルフシーズンに突入です。まずボールありきのスポーツのゴルフ

 今シーズン中のボール確保もいいかと思われます。


 ボール選択は、自分のパワーでつぶすことのできる 軟らかさのボールが

 本当に必要なボールです。又軟らかいボールは、その為球離れが遅くなり

 コントロール性能も良くなります。


 この際、数量限定ですので、お早めにお買い求め願います。


 お友達や、お取引先様への手土産、お中元などにも最適かと思われます。


        無くなる前に確保してください。

      私からも お助け商品としてお勧めいたします。

2018年5月18日

体が反応します。

夕方、50歳代と60歳代と思われる方が来店。厳しいトレーニングで

 有名な施設で訓練されている方々です。競技志向でないので、又競技に

 参加せず、プライベートのみで仲間内での楽しみゴルフをされる方で、

 高反発クラブが欲しいとゆう理由で お見えになりました。

 
 高反発クラブも、現在では十分に市民権を持っていますので、我々(私)

 としても大歓迎です。この方々、まだ日は浅いのですが訓練をされている

 方々です。しかしクラブ選びはまだまだ素人です。


 そこで私の見立てで、軽い、軟らかい、短めのクラブでお勧めすると、

 訓練の成果もあり、ナイスショットの連発。本人も満足気味でした。


 もう一本硬さ表示の R の反発クラブを試していただきましたが、

 いきなりバラバラな球筋になりました。スイングの様も明らかに違うのが

 解り、結果も正直な数字が出ました。同じRでも全く違う結果です。


 このように、 ストレスのないクラブを振ることにより、余分な労力、

 余分な神経を使うことなく、スムーズに振れることを体感して頂きました

 結果、即購入になりました。(有難うございます)


 もう一人の方も、ルール適合のクラブをお持ちですが、、ロフトが9,5°

 硬めのドライバーで、コースでは 力み が見られ、ほとんどがスライス

 体格が立派な方ですので、一般的見解からすれば、9,5のSシャフトが

 相当だとは思われますが、今回あえて10,5のRをお勧めしました。

 なんのストレスもなく、プレッシャーも感じず、スムーズなスイングで

 気持ち良さげに振られていました。


 このように硬いクラブを振ると、余分な力が見られ、結果として球が

 バラツキます。相応しい硬さのクラブを使用すると、それが見られず、

 気持ち良さげに見えます。

 改めて、硬さ は敵だを実感しました。


 皆様もハードスペックでなく、気持ちよく振れる硬さを、間違わず

 お選び下さい。勇気をもって。

ホームページ制作はオールインターネット