2017年7月24日

w#1 ドライバーの大事さを痛感

猛暑の中、プライベートで、フルバックからのゴルフをしました。

何年ぶりだろうか、60代半ばになって、久しぶりにチャンピオンティーから

プレーしました。

昨年はバックテイーからのプレーが、最長でしたが、この度W#1を変え、

どうなるのだろうと 一度やってみたかったチャンピオンからのプレー。


H/Sが38メートルで どれだけ通用するのか興味深々でした。


一番ホール。FWの方もありましたが、私は新しいW#1で第一打。快心では

ありませんでしたが まあまあの当たり。方向も良くフェアーウェーセンター

4人の内一番飛んでいました。幸先よくパー発進。


NO3ホール。ハンデーキャップ1です。今までは左のバンカーまでも届かず

入りもしなかったのですが、今回は、ベストポジションのバンカー先端横まで

飛んでいました。


そんなこんなで、チャンピオンテイーからのプレーでも、苦にならずプレー

ができました。

やはり、W#1は飛ばなきゃーと痛感しました。若い方々と同伴すると、

よけいにそう思われました。

でも今回 新しいドライバーに変えて、距離、方向性共々満足しています。

特別なスイング変更もせず(今からでは変わらないですが?)すんなりと、

移行することができました。

  甦り、先祖返りしたかのようで、今はプレーが楽しみになりました。


ところが、フェアーウエーWOODが重すぎるのか、ミスを連発。アイアン

を含め総合的な変更が、必要になってきたことを実感したことも事実でした。


深夜放送で放映されていた、全英オープンでも、スコアーは、W#1とパター

だとつくずく思い知らされました。


    早速、次期FW、IRONの検討に入ります。

2017年7月18日

M2 FW 盛況です

飛距離性能と寛容性がともに向上した言われます、テーラーメイドの M2

FWが、このところ、毎日のように数本ずつ、多い時は5本ほど売れ続けて

います。


下から打つFWとゆうと、なかなか難しいイメージがありますが、このクラブ

は 見た目の形状もアドレスしやすく、シャフトの撓り具合も丁度良く、弾き

感も加わり、気持ち良いショットが連発します。


メーカーの様々な、テクノロジーにより、よく吟味されたモデルではあります

が、それ以上の打ち易さ、扱いやすさが体感できます。

ゴルフ以外のスポーツでも同じでしょうが、得意な逸品があれば、勝負にも

負けません。


総重量、硬さ、番手、シャフト種類、クラブ14本の流れを間違わなければ

M2のフェアウェーウッドは FWの逸品だと思われます。

      一度試してみる価値はあると思われます。

2017年7月14日

キャロウエイ EPIC FORGED W#10月発売開始

GBB EPIC SUB ZEROがスピン量が少なすぎボールが上がらな

                 かった方、つかまらなかった方、打音が

                 気に入らなかった方に。

GBB EPIC STARがスピンが多すぎ つかまりすぎた方、ボールが

                 上がりすぎで距離が出なかった方に

GBB EPIC FORGED ドライバーが、この10月に新発売。

            値段は据え置き 

     純正品                  75000円

     新製品 TOUR AD IZ付      92000円

     新製品 SPEEDER569EV孤佞  92000円

実打させて頂きましたが、フェースにSP−700チタン採用の為か、確かに

打感、打音、共々改良されていました。飛距離も易しさが加わり、心持ち

飛んでいる感じでした。

    易しさは、SUB ZERO以上 STAR以下でした。

2017年7月14日

キャロウエイ EPIC STAR,PROアイアン9月新発売

禁断の飛びをを持つ EPIC STAR,EPIC PROアイアンが、

夫々、9月に新発売されます。

 EPIC STAR アイアン (アジア モデル)

     I#7  26°   PW  39°

 5本セット #6〜PW 160000円   純正SP EV R付き

 5本セット #6〜PW 160000円   ZEROS7 S付き

     @32000円 (#5、AW,GW,SW)

 EPIC PRO アイアン (レスオフセット アイアン)

     I#7  31°  PW  45°

 6本セット #5〜PW 180000円  MODUS 120S付き

     @30000円  (#4)

飛びアイアンの集大成か。確かにSTARアイアンは 違和感のない顔で

飛びを実感できました。(ユーティリティーのような顔で無い)

これも タングステン インナーウェイトの多さ(多いのは100グラム

以上)の効果でした。

   スマートな顔を好まれる方に、是非お勧めしたい逸品です。

この10月が待ち遠しいです。いずれも数量は極めて少なめです。早めの注文

が必要です。

2017年7月12日

パターのフェースインサートについて

ストロークの4割を占めるパター数。青木 功プロに上達の秘訣を尋ねると

まず、パターの芯でHITしてください。とゆう返事が返ってきます。

ふむふむなるほど、納得するようなしないような返事ですが、的を射ています


それに加え、現在では、ボールの変化にも注目しなければなりません。

ボールの素材の変化、カバーよるスピン性能のコントロール等々、各メーカー

が、しのぎを削って開発競争を行っています。

概して、発売されるボールは異口同音に軟らかさを増してきています。


パターのインサートについても、同様の変化が見られます。

オデッセイですと、ノンインサート、

           FUSION RX インサート、

           WHITE HOT インサート、

           マイクロヒンジ インサート

           WHITE HOT インサート

         等々多くの種類があります

何を選ぶかは、使用するボールとの相性で決まります。

ゴルフのスコアーは、ボールありきです、とお伝えしていますが、その通り

だと思います。あまりボールの種類は変えないでください。


打感、フィーリングは各自 まちまちで、夫々の感性に基ずくものです。

   自分の感性に合ったモデル、インサートの物をお使いください。


ODESSEYのお勧めの組み合わせは、硬いボールに軟らかいフェース、

もしくは、軟らかいボールに硬めのインサートがお勧めです。


   パターフィッティングにより、アドバイスできると思います。

ホームページ制作はオールインターネット