2018年10月15日

パターの威力まざまざと

レギュラーティーから、メンバーコースで久々のラウンド。80−26

 でした。ノーゾロのバーディが1つありましたが、前半12、後半14

 パターで、こんなスコアーが出ました。


 慣れたコースと言え、やはりとゆうか、パターのストロークがスコアーに

 大きく影響することが、改めて理解できました。


 やり慣れないコースでは、たとえキャデイさんがアドバイスをくれたと

 しても、疑心暗鬼とゆうか、自分の感性とどうしても合わないところがあり

 一筋違いで、外す場合が多くあります。


 速さにおいても、いつものタッチと、若干の違いが必ずありますので、

 なかなか難しいものがあります。


 アンジュレーションが優先か、芝目が優先か(巡目か逆目か)、上り下り

 等々、いろいろな要素があり、奥の深いものをパターには、感じます。


 所詮アマチュアですので、その日の感性が合うか合わないかで、大きく

 左右されます。

 しかしいずれにしても、ゴルフのスコアーでは、パターの重要性を思い知る

 結果になることは、間違いありません。


 パターとアプローチ大事ですよ、W#1以上に。我々アマチュアにとっては

 なおのこと重要です。

2018年10月12日

本町通り、問屋街マーケット開催迫る

本年4月に紹介しましたが、本町通りでマーケットを実施することに

  なり、来る10月26日(金)、27日(土)の2日間にわたり、ここ

  本町通りにおいて、マルシェ、ゼミを開催いたします。初の試みです。

  本町沿いで(見て、知って、買って、体験できる)2日間です。

  
  地元のお店や、マルシェ人気店が集まり、キッチンカーのご飯や、手造り

  パン、新鮮野菜などの即売や、商品に関するゼミや、お子様が楽しめる

  縁日ブースも展開いたします。

  
  本町通り歴史資料博物館では、本町通りの今昔物語の展示、説明会を

  開催いたします。来館戴いた方には、昭和初期の古地図(写し)を

  プレゼントします。  入場は、無料です。


  又、余興として、26日(金)に、ピュスラにおいて お楽しみ落語会

  も予定致しております。

  (出演者 ばもす亭 公、御幸亭 はやしの両名を予定致しております)

      1ドリンク付きで500円にてお楽しみいただけます。

  見て、知って、楽しんで、秋の1日をお気軽に、お楽しみください。

  
  弊社におきましても、13:30からと15;00から2回ゼミを開催

   (ゴルフクラブの今昔、ゴルフボールの選び方についてのゼミ)

  を予定致しております。  興味のある方、是非起し下さい。

2018年10月11日

ゴルフ ナビが注目

来年1月1日より、前倒しのゴルフのルール改正により、ここにきて

 ゴルフナビ が注目されてきています。

     解禁 とでも言いましょうか、使用が可能になります。

 (一部高低差が表現される商品は、競技によっては禁止されますので、

  其々の競技、大会の規定に必ず従ってください)

 このナビが発売当初は、キャデイさんがいないコースにおける、距離計測器

 としての機能ぐらいしかありませんでした。使い方も色々と難しい操作が

 必要で、画面も小さく、見ずらい商品も見られました。

 声によるガイダンス機能を持った機種もありましたが、グリーン周りでは

 うるさいとのことで、一時下火になりました。


 しかし、日進月歩で、プレーヤーのニーズに応えるべき改良が施されました

 画面の大きさも、技術、製造方法の改善により、初期の物とは格段の向上

 を見せてきました。操作もコースに行って、ただ電源を入れるだけで、後は

 機械が勝手に、ホールホールでナビゲーションしてくれます。


 操作が簡単で、見やすく、正確性がアップし、多機能な装備も加わった、

 プレーヤーのニーズに合わせたモデルが、続々と発売されています。

 
 朝日ゴルフのEAGLE VISION,ユピテルのYGNシリーズ、

 (株)MASAのGOLF WATCH、SHOT NAVIの V1


 などなど、高低差も表現できる機種も多く発売されテいます。

 現在、プレーヤーの約4割の方々がナビをお持ちとのデータがあります。

 この先キャデイさんがいない、セルフプレーのコースがますます多くなる

 ことが予想されます。このような事情から、自分自身のニーズに近い1台

 を持つ時期が来ているように思われます。


 買い替え需要も含め、1プレーヤー 1NAVI の時代が必ずや来ると

 思われます。


   お値段も、10000円前後から、70000円ほど様々です。

   自分スタイル合わせた1台を持たれてもいい時期だと思います。

2018年10月9日

ベストシーズン到来

台風25号の影響も、ほぼ皆無でゴルフにとって絶好の2日間でした。

 ゴルフを初めとしたスポーツの日、まさしくスポーツをするのに絶好な日

 でした。晴天で少し風があり、それもさわやかな、カラッとした気候で

 申し分なしの一日でした。


 でも天候に恵まれても、同伴競技者とのかかわり方が、ゴルフにとっては、

 スコアーに直接影響してきます。


 気楽なゴルフ、競技のゴルフ、接待ゴルフ、仲間とのコンペなどなど、様々

 な組み合わせの中でゴルフをします。


 自分の技量より上の方、そうでない方とのゴルフ、初めてご一緒する方との

 ゴルフ、いつもの方とのゴルフ、久しぶりの同伴など、同じゴルフ場でも

 全く同じ条件とゆうことは、決してありません。


 ともあれ、この時期ベストシーズンでです。近隣、近郷のゴルフ場はどこも

 一杯で、ほとんどキャンセル待ちの状態です。


 春先も、気候的には良いのですが、年度初めとも相まって、初めての方々

 とのラウンドも始まりますので、ちよっと気が抜けない環境が多く見られ

 ます。


 クラブチャンピオン杯も、ちょうどこの時期に殆どのコースで実施される

 のも頷けます。

 個人の名誉のために、一生懸命になることも、年に1〜2回ぐらいはいい

 のではないでしょうか。

      予選に残った方方、気負わず頑張って下さい。


 結構 同伴者との心理戦もありです。平常心で、実力を発揮されんことを

 お祈りいたしております。 リラックス。リラックス。リラックス。

2018年9月27日

クラブの10年サイクル

シーズンインで色々な新商品が展開されています。

 お助けクラブとしてのクラブ、長年ゴルフをされた方々が違和感を感じない
  
 WEDGEなどなど。

 よく考えてみればクラブは、ヘッド、シャフト、グリップでできています。

              単純明快です。

 シャフトは 毎年シャフトメーカーから提案の商品が出されます。

 グリップは5〜6年ぐらいのインターバルで人気の商品が展開されます。

 残るは、ヘッドです。


 大きいヘッド、小さいヘッド、グースのあるヘッド、ストレートなヘッド

 返り易いヘッド、返りずらいヘッド、シャローなヘッド、こつとしたヘッド

 昨今では、W#1に調整機能が施された商品が多く出回り、自分で微調整

 ができるシステムが多く見られます。使用目的に応じて調整して、お使い

 になる方も多く見られます。


 FWやUTでも同じで、10年ほど前に、違う宣伝文句で発表されていた

 商品が、リバイバルして商品展開されているのをよく目にします。


 私どもは、様々なメーカーの様々なブランドの商品を、長い間見てきて

 いますので、このような展開がよくわかります。

 自動車業界でも同じで、デザインが 丸型中心の中で、ある日突然、角

 ばったモデルが出ると、斬新で、目新しく思うのと同じです。この繰り返し

 です。

        HISTORY REPEAT ITSELF 


 PRGRのQシリーズのFW,UTは、テーラーメイドのスチールヘッド

 にその形状が非常によく似ています。

 フォーテイーンののFH FORGED V1は30年以上ゴルフをされた

 方々にとっては非常に、懐かしく、操作性の良い 見た目小ぶりな

 WEDGEです。


 その時代その時代で、流行や注目の商品を使われた方々が、安心して使用

 できるモデルが繰り返し、繰り返し展開されてきています。


 ゴルフは感性のスポーツだとよく言われますが、これも又事実です。

 好むモデル、好まないモデルがある中で、自分がどれを選ぶかは、自分自身

 で決めることです。


 しかし 道具の進化(変化)に逆らってはなにも始まりません。

 相手も変わります。自分もその変化を理解して対処してください。


 それがゴルフと長ーく付き合う、一番のテーマでないでしょうか。


            歴史は、繰り返します。

ホームページ制作はオールインターネット