2018年5月31日

トップのあり方

ゴルフスイングはわずか1秒〜2秒の行為です。しかしこの中には、心理的
 
 葛藤や、思いもよらぬ行動が含まれています

 上げて、降ろす 行為だけなのに、この動作の中には、様々な要素の動き

 があります。


 始動時の引く方向、クラブの上げ方、トップの位置、きりかえしの方法、

 ダウン時の肘の使い方、右手左手の納め方、インパクト時の顔の位置、

 フォロースルーの方向、フィニシュの体制等々が考えられます。


 ボールを正確に飛ばすことについては、あくまでもクラブのフェースが担当

 します。クラブのスイングの中で いかに正確にボールにHITできるかで

 決まります。

 それで フェースがボールに対し、より正確にHITする為には、フェース

 が 余分な動きをいかにしないかが、重要になります。

 スイングで言ゆと、トップからのフェースの動きに注目すべきだと思われ

 ます。

 よくトップで 無意識に握り直しをする方や、はずみをつける方、右手で

 わざわざヘッドを下す動作をする方を見かけます。


 このような無意識の中で行われる動作が、フェース面のコントロールを

 乱す、大きな要因だと思われます。自然な下り方や、自然な回転の中での

 動きができれば、ボールとの正面衝突が容易に行うことができます。

 
  よくトップが決まれば、8割がたスイングは完成だといわれます。

 私は、同時にトップでの余分な動きが無いことも、添えたいと思います。

 
 それぞれが個性があります。しかし、物理的法則は一定です。感性による

 個性の中にも 物理の法則は当てはまります。


        このことを忘れずにスイングしましょう。

2018年5月30日

ゴルフ歴40年 ハンデーキャップ4のゴルファー

Kゴルフ倶楽部のH/C4のお客様。無論アイアンのシャフトはDGー

 S200です。


 時間調整で2時間ほど試打室で試打をされていました。そこでZEROS6

 ZEROS7のシャフト付の試打クラブがあり、これを打つと誠にいいと

 真剣に購入を考えて見えました。


 DG−S200から ZEROS6にするとシャフト重量が約半分になり

 ます。

 W#1でも今までは、60グラム〜70グラムのXやSでしたが、シャフト

 重量が50グラム台の流行のクラブを振ると、SRぐらいの方が、楽に

 振れると感じられました。


 このように長年プレーされている方々が、最近になって、軽い軟らかい

 クラブが楽に 振りやすいことに気ずかれ始めています。


 軽いクラブでヘッドスピードを出し、飛ばす方が目立つようになってきま

 した。又 硬さもXやSでなく SR位の方が、気楽に振れ、ストレス

 も少ないことが、理解されるようになってきました。人気の商品が

 値段も手ごろになり、わざわざカスタムで製作する必要も感じられなく

 なりました。


 高齢化の進むこの業界も、着実に、軽、軟、長尺、廉価が中心となって

 いきます。

 今から若くなるわけでなく、どんどん歳を重ねていく中、ハードなスペック

 はお勧めできません。

   ローハンデイーの方ほど、感じるのかなと思う 日々です。

2018年5月30日

打たない方が飛びます

標題の理屈が解かる方は、今様のクラブを知っている方です。

 打って飛ばす方が、長年ゴルフをされている方に多く見られ、スイングして

 飛ばされる方は、今のクラブの使い方を知っている方です。

 
 重く、硬く、短いクラブで、飛ばないボールの時代は、打て、打てとコーチ

 (プロたち)が指導していました。


 しかし今のクラブは全く逆で、軽く、軟らかく長いクラブです。

     この様な、今のクラブを打ったらどうなりますか?


 軟らかくトルクも多くなっており、どこで撓るか又、いつ撓るかほとんど

 解りません。まして長くなって当然ミート率も落ちます。


 このような今のクラブを非力な女子プロたちが振ると、安定して

 240〜250YD平気で、飛ばしてきます。

 これは、腕力(力まかせ)で飛ばしているのでなく、シャフトの前反り

 を理解して、打って飛ばそうとしていないからです。

 打点の位置も、的確なポイントでHITして、シャフトの走りを充分に

 使っているからです。


 常ずね申し上げていますが、クラブの特性(性格)と自分のスイングパター

 ンに相応しい、ヘッド、シャフトのクラブを探しだして下さい。

 (お手伝いします。自分自身のスイングパターンもお知らせします)

 
 むやみやたら、力間任せで振るのでなく、クラブを知り、自分自身のタイプ

 を知れば後は、これをコラボすればいいだけです。

 
 相手も理解せず、自分の振り方も分からないようでは、ベストマッチング

 は期待できません。

2018年5月22日

30年間 なにやってたんだろう

常連客様が、患者をお連れになりました。体格の立派な60才代の方です。

 W#1が180YDぐらいしか飛ばなくて困っていますので、何とか飛ぶ

 ようにしてやって下さいと、お連れになりました。


 ゴルフ歴は、早、30年とのことで、早速に試打して頂きました。


 踵体重、手が自由に動くように前に突き出したアドレス、インに引き、

 右手一本で勝ちあげるスイングをされていました。

 
 長い方が飛ぶから長いクラブを、体格がいいから硬い S シャフトで知人

 よりお値打ちだからと、購入されたとのことです。

 この様に無責任な係の方の言いなりのクラブでは、相応しいモデルかどうか

 も分からず、方向も定まらず、距離も期待できません。

 
 体型や、年齢、振り方によってその方に相応しいクラブアイテムは、

 おおよそ想像は出来ます。


 そこでまずもって、踵体重を母指球体重にしました。前に突き出たアドレス

 を 前傾時の肩の位置まで戻し、自然体で打てるように直しました。

 スイングもインに引きフェース面が開いてあげるのでなく、ややシャット

 気味にして、スイング途中での作業(動作)を少なくし、左手のリードで

 クラブをレベル(水平)に振る様に指導しました。

 (30年されていても、非常に素直な方で、言われた通りにされました。)


 すると、H/Sが35から38に、飛距離は180YDから210までに

 革新的に伸びました。本人が一番ビックリされていて、30年間何をして

 いたんだろうと、反省されていました。


 しかし、こんなことを教わってクラブを購入したこともなく、又指導された

 ことも過去には、一度も無かったともおしゃっていました。

 
 このように 今でこそスクールやインドアスタジオがあり、指導者も多く

 見られるようになってきていますが、これもここ10年ぐらいのことで、

 歴史が浅く、最近では、売らんが為だけの組織となってしまっているのが

 現実です。


 売らない提案、販売ができかねる商品を具申するのは、弊社だけかな〜

      (本当の意味で、親切でないでしょうか)

2018年5月18日

体が反応します。

夕方、50歳代と60歳代と思われる方が来店。厳しいトレーニングで

 有名な施設で訓練されている方々です。競技志向でないので、又競技に

 参加せず、プライベートのみで仲間内での楽しみゴルフをされる方で、

 高反発クラブが欲しいとゆう理由で お見えになりました。

 
 高反発クラブも、現在では十分に市民権を持っていますので、我々(私)

 としても大歓迎です。この方々、まだ日は浅いのですが訓練をされている

 方々です。しかしクラブ選びはまだまだ素人です。


 そこで私の見立てで、軽い、軟らかい、短めのクラブでお勧めすると、

 訓練の成果もあり、ナイスショットの連発。本人も満足気味でした。


 もう一本硬さ表示の R の反発クラブを試していただきましたが、

 いきなりバラバラな球筋になりました。スイングの様も明らかに違うのが

 解り、結果も正直な数字が出ました。同じRでも全く違う結果です。


 このように、 ストレスのないクラブを振ることにより、余分な労力、

 余分な神経を使うことなく、スムーズに振れることを体感して頂きました

 結果、即購入になりました。(有難うございます)


 もう一人の方も、ルール適合のクラブをお持ちですが、、ロフトが9,5°

 硬めのドライバーで、コースでは 力み が見られ、ほとんどがスライス

 体格が立派な方ですので、一般的見解からすれば、9,5のSシャフトが

 相当だとは思われますが、今回あえて10,5のRをお勧めしました。

 なんのストレスもなく、プレッシャーも感じず、スムーズなスイングで

 気持ち良さげに振られていました。


 このように硬いクラブを振ると、余分な力が見られ、結果として球が

 バラツキます。相応しい硬さのクラブを使用すると、それが見られず、

 気持ち良さげに見えます。

 改めて、硬さ は敵だを実感しました。


 皆様もハードスペックでなく、気持ちよく振れる硬さを、間違わず

 お選び下さい。勇気をもって。

ホームページ制作はオールインターネット