2018年4月24日

オリヂナル商品とカスタム商品の差

昨今クラブフィッティングが盛んにおこなわれています。


 何かカスタムシャフト付のクラブの方が、値段が高いせいか いいように

 思われる方が多く見られます。値段が高ければ、それだけで飛ぶのかと

 ゆうと、全く逆の現象が、多く見られます。


 一般的に、オリヂナルシャフト付の商品は、そのクラブのポジションに

 応じたシャフトが装着されています。そこでこれをカスタムにすると、

 もっと飛ぶような印象があります。それは30〜40歳代のアスリートの方
 
 にとってであり、一般のゴルファーにとっては、百害あって、一利無し

 の商品になることが、大変多く見られます。


 どのメーカーもまずは、オリヂナルシャフト付クラブありきから始まります

 どうしてもスタンダードな商品がいやだとゆう方には、対応してあげていい

 のですが、一般的に言えば、硬くて、ストレスの多い、ハードな仕様になり

 知らず知らずの内に、ゴルファーは力任せになり、本当にそのシャフト機能

 が、又ヘッド特性が生かされたクラブになるかは、定かではありません。


   今までの経験でいえば、大半がハードすぎる傾向にあります。

 
 一般仕様でなく、自分は特別仕様のクラブで、高額の商品を使っていると

 ゆう満足感に浸るのもいいのですが、あくまでもクラブは道具です。


 ストレスのない、スタートから、最終ホールまで、自分の体力に相応しい

 モデルをおえらび下さい。


 ヘッドのアイテムにより、同じシャフトを装着しても、フィーリングは

 かなり変化します。又逆に、ヘッドが同じでもシャフトが変われば、

 振り心地は変化します。(ウッドの方がアアイアンより敏感に感じますが)

 
 そのクラブの持ち味が一番発揮できる仕様のものを試打して、納得して

 お買求め下さい。 (机上だけで決めるのでなく)

2018年4月20日

ボールの大事さをお伝えしたいです

いきなり来店され、パターを買おうと思っているのだが、いつも引っかかっ

 ているのだが・・・・・。

 まず順番として、ボールは何をお使いですかと尋ねてみました。すると、

 当然のように、ボールには拘っていません。そこにあるボールでしています

 もらったボール(参加賞、飛び賞など)とか、安いボールでこれといって

 決めていませんとのことでした。この方に限らず、ゴルファーの9割の方

 がこの様な返事をされます。


 ゴルフの目的も、人其々ですので、一概には言えませんが、飛ばしたい

 いいスコアーで回りたいことは、ゴルファー全員の願いではないでしょうか

 そのために W#1やアイアンを購入されますよねー。しかし扱うボール

 のことまで言及される方は、ごく一部の方だけです。


 この業界に携わり、業としているものにとってみると、非常にさみしい

 限りです。売れてなんぼだとゆう対応だけすれば、このような方が増殖

 されます。


      新薬聖書の冒頭は、まず言葉ありき から始まります。

      ゴルフも同様に、まずボールありき から始まります。


 飛ばしに徹したボール、止まりに徹したボールどちらを選ぶかはプレーヤー

 の目的意識に委ねます。しかし、アプローチやパターなどH/Sの遅い

 クラブであればあるほど、打感は敏感に感じられます。

 
 このような敏感なクラブに対し、様々なボールでは、まとまるものもまと

 まりません。感性に訴えることの大きなゴルフクラブ。統一性のないボール

 では到底いい結果は期待できません。 


 最も大事なクラブのパター。それに一番敏感に反応するボールは、それ以上

 に大事ではないでしょうか。 私はそう考えますが、皆さんは?

2018年4月19日

やはり、軽硬が・・・・・

120が重く感じるから、今度は105でとゆうことで、IRONを製作

 いずれも硬さは S でした。

 重さのみ少し軽くすれば(−15グラム)楽になるのかなーと、一般的には

 感じられます。しかし、現実はそれだけではありませんでした。


 ヘッドの重さは、ほぼ同じですので、単純にシャフトの重量の分だけ軽く

 なり、楽になるように思われます。しかし現実には振りやすさは、それだけ

 ではありませんでした。(振動数が上がり、硬くなります)


 体験的に言えば、シャフトが軽くなると、硬さがそれまで以上に感じられる

 とゆうことです。どんな調子のシャフトでも、硬さが同じですと、軽い

 シャフトほど、逆に硬さを感じやすくなります。


 逆にシャフト重量が重くなると、硬さが和み、かえって軟らかく、滑らかさ

 さえ感じられる様になります。


 ただ120グラムぐらいのスチールシャフトをお使いの方は、決まって

 S をお使いになります。

 軽さを求める方にとっては、シャフトを軽くすれば同時に軟らになるとゆう

 イメージをお持ちです。しかし現実は全く逆で、総重量が軽くなると

 バランスも軽くなり、余計に硬さを感じるようになります。

 
 対応としては、シャフト重量を軽くする方は、同時にSからR(もしくは

 SR)に変更する勇気をもってください。そうでなければ、求める効果は

 期待できません。


 S でとゆう変なプイライドは捨てて、R OR SRにすることにより

 ストレスも軽くなり、求めている効果も、必ずや得られると思われます。


    柔らかくなると、球が曲がるとゆう迷信は捨てて下さい。

 今様のクラブは前反りで飛ばすクラブが大半です。力まないスイングで

 楽して、シンプルに飛ばして下さい。


     硬さはやはりとゆうか、ゴルフクラブにとっては敵です。

2018年4月18日

本町通り 街ゼミ開催決定

弊社のある、本町通りは、以前は商売の町でした。。今はとゆうと、閑静な

 住宅街に変貌しつつあります。この様な状況の中での商いは、なかなか成立

 しません。しかし今までに蓄積した ノウハウは計り知れません。

 環境が大きく変わり、表現する場面すら見つからず、紋々とする日々が続

 いています。


 春には、若宮祭り協賛の、買いにおいデーが恒例行事で開催されています。

 しかし、以前のような活況ではなく、何か街の活性化につながることをと、

 町内会で検討し、試行錯誤の上、街ゼミの開催を決定しました。


 まだどのような形で実施するかとゆう具体案は見えてきてはいませんが、

 とりあえず、この秋から、街ゼミをスタートすることに決定しました。

 
 弊社としても、特定の方だけでなく、より多くの方に、ゴルフの楽しみを、

 又、飛ばし方や、クラブの扱い方などが、お伝えできればと思い参画します


     秋のイベントの第一歩として、踏み出します。


 より多くのゴルファーに、より解かりやすく、より楽しんでいただけるよう

 お手伝いできればと、思っております。これにより少しでも街の活性化

 になり、住みやすい街にならんことを祈念致しております。


     参加は自由です。詳細が決まれば、又報告いたします。

 
ホームページ制作はオールインターネット