2018年4月19日

やはり、軽硬が・・・・・

120が重く感じるから、今度は105でとゆうことで、IRONを製作

 いずれも硬さは S でした。

 重さのみ少し軽くすれば(−15グラム)楽になるのかなーと、一般的には

 感じられます。しかし、現実はそれだけではありませんでした。


 ヘッドの重さは、ほぼ同じですので、単純にシャフトの重量の分だけ軽く

 なり、楽になるように思われます。しかし現実には振りやすさは、それだけ

 ではありませんでした。(振動数が上がり、硬くなります)


 体験的に言えば、シャフトが軽くなると、硬さがそれまで以上に感じられる

 とゆうことです。どんな調子のシャフトでも、硬さが同じですと、軽い

 シャフトほど、逆に硬さを感じやすくなります。


 逆にシャフト重量が重くなると、硬さが和み、かえって軟らかく、滑らかさ

 さえ感じられる様になります。


 ただ120グラムぐらいのスチールシャフトをお使いの方は、決まって

 S をお使いになります。

 軽さを求める方にとっては、シャフトを軽くすれば同時に軟らになるとゆう

 イメージをお持ちです。しかし現実は全く逆で、総重量が軽くなると

 バランスも軽くなり、余計に硬さを感じるようになります。

 
 対応としては、シャフト重量を軽くする方は、同時にSからR(もしくは

 SR)に変更する勇気をもってください。そうでなければ、求める効果は

 期待できません。


 S でとゆう変なプイライドは捨てて、R OR SRにすることにより

 ストレスも軽くなり、求めている効果も、必ずや得られると思われます。


    柔らかくなると、球が曲がるとゆう迷信は捨てて下さい。

 今様のクラブは前反りで飛ばすクラブが大半です。力まないスイングで

 楽して、シンプルに飛ばして下さい。


     硬さはやはりとゆうか、ゴルフクラブにとっては敵です。

2018年4月18日

本町通り 街ゼミ開催決定

弊社のある、本町通りは、以前は商売の町でした。。今はとゆうと、閑静な

 住宅街に変貌しつつあります。この様な状況の中での商いは、なかなか成立

 しません。しかし今までに蓄積した ノウハウは計り知れません。

 環境が大きく変わり、表現する場面すら見つからず、紋々とする日々が続

 いています。


 春には、若宮祭り協賛の、買いにおいデーが恒例行事で開催されています。

 しかし、以前のような活況ではなく、何か街の活性化につながることをと、

 町内会で検討し、試行錯誤の上、街ゼミの開催を決定しました。


 まだどのような形で実施するかとゆう具体案は見えてきてはいませんが、

 とりあえず、この秋から、街ゼミをスタートすることに決定しました。

 
 弊社としても、特定の方だけでなく、より多くの方に、ゴルフの楽しみを、

 又、飛ばし方や、クラブの扱い方などが、お伝えできればと思い参画します


     秋のイベントの第一歩として、踏み出します。


 より多くのゴルファーに、より解かりやすく、より楽しんでいただけるよう

 お手伝いできればと、思っております。これにより少しでも街の活性化

 になり、住みやすい街にならんことを祈念致しております。


     参加は自由です。詳細が決まれば、又報告いたします。

 
ホームページ制作はオールインターネット