2017年6月30日

クラブの性格とその扱い方を知ろう

60代の方が、弊社のお客様からの紹介で、クラブを見て欲しくて、尋ねて

見えました。


どれどれと、実際に試打して頂きました。やはりとゆうか、ややクローズド

スタンスの、右手勝上げスタイルの方でした。

よくこのような方がお見えになりますが、長年ゴルフをされている方に多く

見られます。


この様な方は、始めるときのクラブが、重く、硬く、小さいヘッドだった

せいか、右手で打って飛ばす打ち方が身についています。


しかし今のクラブは、当時に比べれば、軽く、軟らかく、大きなヘッドです。


年齢を重ねて流石に、パワーも落ちてきます。そこでまだ元気な上半身の力

で飛ばしてやろうとして、ボールを打ち上げに行くものですから、ほとんど

トップ状態で当たります。そこで今度は叩きに行って、左にチーピンが、

(人間の本能でしょうか)出始めます。


まずゴルフクラブが、力点と作用点にずれがあることをお知らせし、左に

クラブを振り下ろしましょうとアドバイス。えっと ゆう顔をされましたが

プロの世界は、誰しもインサイドインの振り方です。又そうでないと球形の

ボールが必ず低いところに止まることを考えれば、これでしかボールを飛ばす

事は出来ません。


右手で勝ちあげるスイングですと、トップないしは大ダフリになり、左手主役

で振り下ろすスイングをすれば、ヘッドの芯でとらえられ、ボールと正面衝突

させることができます。

  (なんの手ごたえもなく振りぬく感じが味わえます)


シャフトも軽く、軟らかく(トルクが大きい)、撓りの大きいクラブが多く

なってきていますので、右手で叩きに行くと、タイミングが非常に取りずらい

クラブになってきています。


左手リードで、左下に振り下ろしてやるだけで シャフトが自然と前反りを

起し、ボールを上げてくれますので プレーヤーは自ら上げる必要はまったく

ありません。これが今様のクラブを使いこなす、重要なポイントです。

        つまり、打つクラブではありません。


右手で打って飛ばしたことを、体が覚えていますので、いまさら左手では

打てないとゆう思いは強いと思います。しかしクラブの変化を考慮すれば

少なくとも右手での 手打ちは考えられません。


スイングとフェース面コントロールをしっかりと、認識してクラブをお使い

下さい。最後にシャフト硬さの考え方もお伝えしました。

2017年6月29日

流行の3アイテムのヘッドを打って思うこと

永遠のテーマ 飛び をうたった、今様3タイプのクラブヘッドについて

思った事。

  キャロウエイ     GBB EPIC W#1

  テーラーメイド    NEW M2 W#1

  PRGR       17 RS W#1

 EPIC        重心が浅く、スイートエリアが狭い感じ

 M2          捉えやすく、扱いのしやすいモデル

 17RS        どこに当たっても、H/Sが遅くても飛びを実感

             できるモデル


ヘッド7割、シャフト3割の割合で、飛距離、球筋が決まるといわれています


総重量、長さ、硬さ、シャフトの種類など十分吟味して 自分自身のスイング

で無理なく、振れる仕様だと、もっともっとクラブの機能が発揮できます。

2017年6月20日

試打効果絶大

FW#5をやはり試打して決められた方が、やっと来た同じ銘柄のW#1

の9,5°で試打ラウンド。

なんと230YDショットが。慣れたホームコースで実践され、今まで飛んだ

ことのないところまで飛びました。と翌日嬉しそうに電話があり、早速注文を

頂きました。ついでにW#9も併せて注文頂きました。


確かにスイングも、力任せの小手先スイングから スイングアークの大きい

滑らかなスイングに変り、ヘッドを大きく動かし、効率よく打たれるように

なりました。



そのスイング変化も加わり、お勧めのクラブと、ドンピシャとなったわけです

ロフトの9,5°も、自分の好みの高さの弾道が得られ、気に入った様子


長く、軟らかく、しなやかなクラブの使い手としては、この上ない選択だと

思います。是非80代前半、否70代を目指して、精進してください。


   力まず、クラブの機能を信じて、SWINGしましょう。

2017年6月17日

またまた朗報が

キャスコの ZEUS IMPACT(ゼウスインパクト)のボールを

使用したところ、優勝しましたとの報告がありました。年齢は80歳の

方でしたが、久しぶりのゴルフで、ボールでこんなに違うものかと、ビックリ

の様子でした。


H/Sが少ない人程、高反発の効果が大きくなりますと、申し上げていました

が、ボールにも同様な効果があることが、証明されました。


日頃から、楽しみゴルフを奪う権利は誰も持ってはいません。競技ではなく

仲間うちでのコンペでのこと、嬉しそうな顔が本当に印象的でした。


昨今年配の方々には、このような環境の方が多くみられます。


私共も、要望があれば、高反発W#1、高反発ボールをお勧めします。


何せ、楽しみゴルフを奪う権利は、我々にはありませんですから。

2017年6月12日

RSと NEW RS打ち比べ

6月11日 絶好の天気に恵まれ、15RS W#1にて試打ラウンドに

行ってきました。10,5 M−40 RS

自分のドライバーに比べ 方向性が良く、高弾道で安定した飛びを現場で、

確認してきました。


飛距離は安定した高弾道で、気持ちよく感じたせいか、いつもより飛んでいた

と感じました。

   (高い球が好みですが、チョット高すぎるくらいに感じました)


メンバーコースでもあり、いつものテイーからのショットで、イメージは

間違ってないと思います。


RSと NEW RSとどちらも打ち比べてみましたが、NEWのほうは

ややしっかりめで、より先調子に感じました。15RSはハッキリと

中〜元表示がしてあるだけに、チーピンが出たり、硬さによる違和感は

ほとんどありませんでした。むしろ柔らかささえ感じ、帰りました。

       :硬さは敵だ: を実感しました。


同伴の一人の方が、ディアマナ60S付のクラブで、かなり散っていました。

年配の方も、最初のうちは、突っ込んでなかなかボールが上がらなっかった

ですが、アドバイスにより、突っ込みが無くなってからは、よく飛び、クラブ

の機能を感じて見えました。


メンバータイムに飛び込みで入りましたので、初めての方ばかりでしたが

楽しく 和気あいあいと一日を過ごすことができ 有意義な一日でした。

噂通り、よく飛びますよ。今度のギリギリはもっとヤバイです。実感。

ホームページ制作はオールインターネット