2018年1月29日

一年前倒し ゴルフルール大改正

ゴルフルールの大きな改正は、毎回オリンピックの開催年の年に行われて

 いました。しかし今回一年前倒しまでしてしてルール改正を実施することに

 ついては、深刻なゴルフ離れに歯止めをかけるべく秘策が、又 歴史的な

 変更案がありますが、これは全世界のゴルフ関係者の願いでもあります。

 
    この改正は、2019年 1月1日より実施予定です。

 
  この改正の骨子を並べてみます。


 1、(球が動いた)罰の免除、軽減

   グリーン上で動かしたり、林やラフで球探しの際のボールの動きには、
 
   罰なしに、故意に動かしたことがほぼ確実な場合を除き、罰は無し。

 2、グリーン上の規制緩和

   旗竿を立てたままでもOK。スパイクマーク、シューズによる損傷、

   動物による損傷、その他の損傷を修理することができます。

   パットの線に触れることもOKです。

 3、ペナルティエリアの規制緩和

   ペナルティエリアで、ルースインペディメントを動かしたり、地面や

   水に触れても、無罰に

 4、バンカー内の規制緩和

   バンカー内でルースインペディメントを動かしたり、一般に手やクラブ

   を砂に触れても罰無し。(クラブのソールは駄目です)

   バンカー内のアンプレアブルの球については、2打罰で球をその

   バンカーの外からプレーするすることが、追加の選択肢に加わりました

 5、プレーヤーの誠実さに頼る

   球の確認の為の拾い上げ、損傷の是非の為の拾い上げの場合の告知

   手続きが削除

 6、プレーのペースの支援

   紛失球の捜索時間が、5分から3分になります。

   準備のできた方からの、レデイゴルフが肯定的に、奨励されます。

   ストロークプレーの為に、40秒以上かけない。

 7、救済を受けるときの 簡素化された方法

   救済エリアのドロップに関して、地面、成長物、地面にあるその他の

   物の ほんの少し上からのドロップが認められます。

   プレース以外であれば ほぼ自由です。


  このように、ゴルフ規則を近代化するための変更案が、2017年

  3月1日に、 R&A、USGAより発表されました。


  改正案を見てみみますと、以前にも述べましたが 以下のことを目指

  しているよう思われます。


      プレー時間の短縮。

      ボールの処置方法の簡素化。


  プレー時間の長さによる参加障壁の撤廃、およびルールの複雑さによる

  わずらわしさを解決し、柔軟性や合理性を加えることでイメージを払拭

  し、(生涯スポーツ)としての魅力を前面に出してきたように思われます  

  このようにルール改正を前倒ししてまでも実施することは、稀であり、

  その意気込みに、危機感がうかがえるように思えてなりません。

2018年1月19日

2月発売 テラーメイド M3 M4 ツイストフェース

当たり前のことですが、ゴルファーにとっては、真直ぐに、より遠くへ

 が理想です。


 全世界のアマチュアゴルファー対象の調査で、66パーセントの方々が

 (飛距離)よりも(曲がらないこと)が重要だと考えていますとの結果。

 
 ドライバーにおけるフェース面のどこでHITしているかの調査では、約

 90パーセントが、HIGH TOEからLOW HEELにかけての

 楕円形であることが判明しました。


 HIGH TOEのHITで左に 8ヤード曲がります。

 LOW HEELのHITで右に 6ヤード曲がります


 そこでこの現象を是正するために、フェースをねじった(TWIST 

 FACE)が誕生しました。
 
 
 HIGH TOEに当たる場合には、リストターンが速い為、フェースが

 閉じて当たりやすい。そこでフェースが開いてロフトが寝ている状況を


 LOW HEELに当たる場合には、リストターンが遅い為、フェースが

 開いて当たりやすい。そこでフェースが閉じてロフトが立っている状況の

 ツイストフェースを採用することで、この現象を適正に戻すことができ、

 真直ぐに飛ばすことが可能になりました。

 
 アマチュアゴルファーの最大の悩みが解消されるシステムが搭載された

 クラブ(M3,M4)が、2月16日より発売されます。

 
 弊社には試打クラブ、M4 10,5度 SRが入荷しました。


 是非一度、自分自身で試してみて下さい。特にバラツキの多い方にお勧め

2018年1月13日

ゴルフルール改正

 ゴルフのルール改正はオリンピックの開催年に、大きな改正が行われる

 ことが通例でした。しかしこの度1年前倒しをして改定が行われます。

       目的としては

 A、プレーの進行を早める。

 B、一貫性を持たせた、ボールの処置方法について

 が中心です。

 
   変更点の代表例

 A−1  ボールの探索時間の上限が5分から3分に短縮

 A−2  パッティングでボールがピンに当たっても無罰に


 B−1  ウオーターハザードを一つに統一する

 B−2  グリーン上の損傷は全て修復できる

   などが、予定されています。

 この改定により、ゴルフの参加障害となっているプレー時間の長さや

 ルールの複雑さを改定し、新しいゴルファーの創出の狙いも見えてきます。

 
 保守的なイメージがあり、お堅い感のあるゴルフ。ここに柔軟性 合理性

 を加えることで、今までのイメージを払拭し 生涯スポーツ としての

 魅力を前面に出してきた改正のように思えてなりません。


 前倒しまでして改定に踏み切る事自体に、危機感すら見えてきます。       

 
ホームページ制作はオールインターネット